わしログ

ちな鷲じいさんのプロ野球観戦日誌です。

「松井裕樹の先発転向」というボタンの掛け違いがチームの戦力を徐々に蝕んでいるということでしょう。


E4−8M

1点リードで迎えた7回表に宋からスイッチしたシャギワがまさかの5失点で逆転されました。僅差のゲームで終盤になって宋かシャギワが出てくると、だいたいどちらかで逆転される印象があります。宋がかろうじて無失点で切り抜けてもシャギワのところで失点する、その逆もあります。
8回の牧田へつなぐところで苦労しているわけですね。たった1イニングなんですが、この1イニングを安心して任せられるリリーフの駒が足りません。これもすべて松井裕樹の先発転向が発端です。
www.washilog.com

松井を先発に回したことで、松井だけでなく(松井の代わりにクローザーを任せようとした)森原も使えない状態にしてしまいました。昨シーズンまでの必勝リレーのランナーから2人、松井と森原が抜けてしまったわけです。牧田と酒居が加わって本来であれば余裕で回せるはずのリレーメンバーがキツキツの自転車操業状態です。
その分、松井が先発で勝ち星を稼いでくれればいいのです。ところが、いまだ1勝もしていません。
www.washilog.com

  • 松井裕樹を先発を回したこと
  • 松井裕樹の後任として森原を指名したこと*1

この2つボタンの掛け違いがじわじわとチームの戦力を蝕んでいるように思います。

勝ちゲームを後ろで落とした分、松井裕樹が先発でどれだけ取り戻してくれるか。あとはそこですね...。

先発の弓削を2回で諦め安楽にスイッチした判断は早くて良かったのですが、もはやそのくらいの采配では取り返せないくらいにチームの力は蝕まれているということです。

さて、先発の弓削ですが、もはやスタミナ切れ状態と言っていい有り様ですね。ここは最初から安楽をショートスターターで配置し、弓削にリリーフする流れを考える頃かもしれません。それか、若いピッチャーに思い切ってチャンスを与えるか。今の弓削くらいのピッチングなら若いピッチャーでも十分にできそうです。

*1:ブセニッツを最初から指名していれば、森原は普通に8回で使えたでしょう。そうすれば牧田は別の所で生かせたはずです。