わしログ

ちな鷲の爺さんが書いている雑記ブログです。

牧田→ブセニッツが新・勝利の方程式です。


M3−4E

新クローザーのブセニッツに早くも1点リードゲームが訪れましたね。まさかこんなに早く訪れるとは思いませんでした。しかも、先頭バッターはカード初戦で3ホーマーの井上ときた。ブセニッツの適性を見るにはこれ以上無い相手と言えました。

で、これがいきなりストレートの四球。井上は一度もバットを振ることはありませんでした。「うわぁ、こいつも使えねえ」という感じの幕開けでした。
ところが、次のバッター中村奨吾がなぜか淡白にバント失敗...。ヒッティングに切り替えるもあえなくファウルフライで1アウト。次の福田を空振り三振に仕留めると代打のレアードもセンターフライに打ち取りゲームセット。おおおおお...結果オーライ。レアードには甘い(危ない)ボールも数球あったけど、調子の戻る前に打ち取れました。
井上のときのブセニッツが本物か、福田を三振に打ち取ったときのブセニッツが本物か、などという言う前に、失点しなかった事実だけを信じることにします。というか、もうブセニッツしかいないので...。8回・牧田、9回・ブセニッツ、これが当面の楽天「勝利の方程式」ですな。

先発の弓削は珍しく乱調でした。入団2年目のピッチャーとは思えないマウンド裁きが売りの弓削ですが、悪いときに悪いなりにゲームを作る、というレベルまではさすがにあと一歩というところですな。ダブルプレーに何度か助けられました。「負けない」運は持っているようです。

このゲームの4得点

  • 鈴木大地のホームラン
  • 浅村のホームラン
  • 島内のセカンドゴロの間に
  • ロメロのタイムリー

鈴木、浅村、島内、ロメロとまさに(今の楽天の)ポイントゲッター四天王があげた得点でした。これで、連勝。いや、本当は3連勝だったはずです...w。

さて、今日はエース則本の登場です。涌井がいいピッチングをすると不思議と則本が冴えない傾向にあります。この嫌なジンクスを一度リセットしておきたいところ。涌井、則本のwエース時代到来と言わせてほしいですな。これに岸が加わって涌井、則本、岸の先発3本柱時代が来たら豪華だなあ。すごいなあ。

さいごにロメロのヒロイン。
「今シーズンからイーグルスに加入されましたけれども、チームの雰囲気はいかがですか。」の問いに
「浅村選手、島内選手、とにかく本当に凄い選手がいて、全体がとても良いチームだと思います。なにより自分のことを家族みたいに受け入れてくれたので、このままチームのために貢献していきたいと思っています。」だそうです。
いやいや、ロメロくん、君も十分にすごい選手だよw。ファンはこの手のコメントに弱いです。こちらこそ、来てくれてほんとうにありがとう。