わしログ

ちな鷲の爺さんが書いている雑記ブログです。

ロッテのルーキー佐藤都志也は「打てるキャッチャー」で「福島出身」みたいです。


M6−2E

練習試合もパ・リーグ編へ突入。まずはロッテから...。

こっちは開幕投手に決まっているエース則本が先発だったが、向こうはルーキー2人を含む若手中心のスタメン。いくら練習試合でも、ちょっと失礼じゃないか...、というオーダーでしたが、その失礼なメンバーにまんまとやられてしまいましたね。トホホホ...。

特にルーキーの佐藤都志也とかいう選手が曲者でした。最初は指名打者から入りましたが、途中から本職のキャッチャーに替りました。で、則本からは同点ホームランを、宋からは勝ち越し2ランを打ってくれちゃった。まぐれも2度まではあるんじゃないか...、と前向きに考えたいところですが、3度目もありそうで不気味な存在です。東洋大学出身のドラ2ルーキーらしいけど、ドラ1が佐々木ロウキでしょ。どんだけいいドラフトしているんだか、ロッテ凄すぎ。

あと、楽天から移籍したばかりの西巻にまでホームランを献上してしまったのは痛かった。しかも逆転の2ラン。打たれたのはメジャー帰りのベテラン牧田だったので、西巻との楽天での接点はありませんが、「俺を追い出した古巣にリベンジだー」的一発はさぞ西巻本人とロッテファンには爽快だったことでしょう。

浅村に黒川、茂木に小深田、今の楽天に西巻の入るポジションなどないわけですが、「楽天はなんでこいつをリリースしちゃったんだ?」みたいに勘違いしちゃう楽天ファンが出てきそうで心配です。ま、こういうドラマ性(刺激)も野球の試合には必要なので、西巻にはときどきでいいのでリベンジドラマを見せてほしいかな。…と一応余裕のコメントを出しておきますw。

それよりも不気味なのはやはり佐藤都志也の方ですね。打てるキャッチャー、楽天が喉から手が出るほど欲しかった選手を何故かいつもロッテが持っていってしまう。しかもプロフィールを見たら「福島出身」。田村といい、この佐藤といい、ピッチャーだけでなく東北出身の良いキャッチャーまでロッテに集まるようで複雑です。
www.washilog.com

先発・則本はいろいろ試しながら投げてました。特徴的だったのが、新フォーム。要はセットで投げていただけなのですが、ピッチングの入り方が独特でした*1。いかにもワインドアップから入りそうにプレートに立っていながら、突然セットになって投げ始める。

ややスムーズさに欠けるのと、唐突な印象はありましたが、それがかえって、バッターのタイミングを外しているようでした。バッタバッタと三振を量産する感じはありませんが、打たせてとるピッチングになっていたので球数は減りそう。げんに今回は3イニング43球のペースでした。新フォームの感触は意外と良かったのではないかな。慣れてくれば制球も安定してくるでしょうし、微調整が加わった次の登板での出来に注目です。中6日で次の登板、さらに中6日で開幕を迎えるという段取りですな。

バッターでは内田が光っていました。というか、だんだん光ってきました。ようやく開花しそうな雰囲気になっています。浅村の診立てに狂いがなかったことを今シーズンこそは証明してほしい。で、今のところはそこに向かって走っていますね。銀次の出番が減るか、大地の出番が減るか、贅沢な悩みになってくれるようだと開花間近ということで...。
www.washilog.com

*1:追記:新フォームの意味は、「ケツで体重をためてしっかり回転できるように。」というところにあったようですね。なかなかナルホドという実感まではありませんがw。