わしログ

ちな鷲じいさんのプロ野球観戦日誌です。

辛島はパッとしなかったけど、安楽は良かったね。浅村にも待望の1本です。


E8×-7De

勝ったからいいというものではない。3回にゲームを壊してしまった先発の辛島は猛省すべき。3番、4番への連続四球はダメでしょう。コントロールが生命線の辛島ですが、丁寧すぎるというか、慎重すぎるのが玉に瑕。今シーズンもこのパターンは何回か見ることになるのでしょう。キャッチャー山下との相性もあるように思うので、書いておきます。結構、選り好みしそうなタイプなので、辛島は。
www.washilog.com

ピッチャーでは最後の2回を投げた安楽がなんかいい感じではないだろうか。2イニングを打者6人で抑えています。140キロ台後半のストレートと130キロ台前半のスライダーを駆使して打たせてとるピッチング。球数も23球でしたね。釜田と2人でロングリリーフという構想もあるようですが、先発ローテに名乗りをあげてきそうな出来でした。今シーズンの安楽は信じたい...。
www.washilog.com

浅村にも待望の1本が出ましたね。エンジンがようやくかかりました。

あと内田が使ってもらえてますね。鈴木大地がやや調整不足なのに比べると、内田がのびのびやれているのが数字にも現れているような気がします。内田が地味にアピールしている印象。今シーズンの内田は信じたい...。

それにしても、DeNAのピッチャーの四球が多いような気がします。逆の見方をすると楽天の各バッターがよく四球を選んでいるとも言える。ピッチャーの与えた四球の数を数えてみると、こんな感じ。

  • 初戦:De9個、楽天1個
  • 第2戦:De2個、楽天0個
  • 第3戦:De8個、楽天3個

普通はピッチャーの差ということになるんだけど、今シーズンの楽天に関しては、バッターの差と見たい。