わしログ

ちな鷲じいさんのプロ野球観戦日誌です。オフは興味のあった話題について「思ったこと」を書いてます。

茂木の一発が初戦一番の収穫


De5−5E

練習試合が始まりました。ダイジェスト版は夕方のローカルニュースで見ましたが、各選手の成績はヤフーのスポーツナビでチェック。ま、初戦としてはまずまず、悪くなかったのではないかと思います。

注目したのは茂木、小深田、弓削、牧田の4人ですね。

まずは茂木。2打席連続三振の後、3打席めにホームランが出たようですね。この一発が春先の調整遅れの鬱憤を晴らしてくれればいいのですが。打席ごとの映像は見ていないのでなんとも言えませんが、連続三振のあとのホームランですから、迷いなく振れていた証ではないかと。茂木の魅力はパンチ力。小深田に勝つにはそこをアピールしたいところですが、とりあえず良いところを見せられたかな。スタメンで使われたところをみると、ショート茂木が開幕の基本形のようだし…。幸先良いホームランになりました。
www.washilog.com

で、茂木のライバルの小深田ですが、こっちもなかなか渋いです。最初の打席で四球を選ぶと、すぐに盗塁を決めています。抜け目ないです。今日のところは茂木のインパクトに軍配を上げておきますが、小深田もぴたりと後ろについている感じ。レースは始まったばかり。
www.washilog.com

あと、ブラッシュと島内の調子が良さそうですね。ブラッシュは3ベースのあとにホームランでしょ。これはかなり気分よく開幕を迎えられそうです。期待の大地と浅村ですが、今回は音無し。でも、この2人に限っては心配ないでしょう。開幕に合わせてきてくれると思います。

さて、ピッチャー。先発は弓削でした。3イニング3失点は2ラン含み。1、2回と無失点ですので、無難な立ち上がりは評価したい。3回の2ランは反省の余地ありですが、ま、こんなもんでしょう。対外試合の先頭で出てきてこの結果、開幕ローテは大丈夫そうです。

2番手以降はブセニッツ、シャギワ、宋、森原、牧田が各1イニングずつ。皆そこそこ仕上げてきてますね。特に牧田が良かったみたい。3年ぶりの日本のマウンドは三者凡退に切り抜けました。さすがです。期待どおり。

「急ピッチで仕上げていきます」と息巻いていた青山ですが、2ランで同点にされるという締めくくりになってしまいました。まだ調整不足は否めないところですが、ベテランなので、ここは無難に切り抜けてほしかった。

全体的な感想として、自主練の再開が12球団一遅かった上に紅白試合もやっていなかったチームの割には結構戦えていたように思います。キャプテン茂木の一発が初戦一番の収穫ですか。少しホッとしました。