わしログ

ちな鷲じいさんのプロ野球観戦日誌です。

あそこまで接戦になるとは思わなかった。ま、勝てたので良しとしますが。ブセニッツのクローザーが様になってきたかな...。


全体的な感想

メヒアが絶好調で、山川が怪我で欠けていなければどうなっていたか分からなかったゲームでした。満塁のチャンスが2度ほどありましたが、ビッグイニングにすることができず、相手の4番手で出てきた(実質3番手でしたけど)今井達也に接戦を強いられてしまいました。
9回表に小深田のタイムリー2ベースで2点差になっていなければ、いやあ、危なかったかも。ま、ブセニッツも最近はクローザーらしくなってきたので、大丈夫だったと思いたいところ...w。
いずれこのゲームは小深田さまさまでしたね。ヒロインもコブちゃん一人でしたが、それだけ価値ある「勝負強いバッティング」を見せてくれました。ほんとにいい選手です。
いつのまにかショート小深田、サード茂木の三遊間が固定されつつありますね。茂木もこの方が安定感が増すような気がして見ています。大地の体力温存にもなっているし、この配置で猛暑を乗り切りたいところです。

弓削はもっとイケイケでいい

さて、先発の弓削ですが、ポイントにあげていた初回の立ち上がりを最高の形で切り抜けました。
ただ、そこから波に乗っていけないところが彼のキャラクターなんでしょう。4回には栗山とメヒアの2本の2ランでたちまち逆転されてしまいました。
どちらもボール先行のカウントからの一発。ランナーを置いて勝負強いバッターを打席に迎えたときの入り方ですよね。弓削の場合、結構、慎重になりすぎる傾向があるような気がします。苦しいカウントにして、結局やられてしまうのでは勿体ない。もっと大胆に攻めてもいい。などというと、「タラレバ」の世界と言われそうですが、この日の弓削は強いボールを低めに投げられていたので、太田はもっとイケイケのリードでも良かったかと思います。

怪我人を出さないように

浅村と島内にちょっと疲れが見えてきたかも。浅村、島内、ロメロとここらへんが怪我で離脱するようなことがあるとかなりヤバい。相手の山川欠場で強くそれを感じました。
ま、今のところは三木監督の割り切った交代起用で選手たちに大きな怪我もなく回っています。が、そろそろ注意しなくてはならない時期に入ってきたかと。これだけ暑いと体力消耗が半端ないから。
そういえば、いつも汗だくになっていた宋が長髪を切ってきてましたね。さすがにそんなところで体力使ってられないものねw。よしよしw。

涌井の7連勝はあるか

今日は涌井が先発。カード初戦を取ってエースにバトンという良い形になりました。今シーズンの涌井には「こやシン」があります。そう簡単に打ち込まれることはないでしょう。しかも、山川の欠けているライオン打線です。注意すべきはメヒアですね。ま、涌井のことですから心配ないとは思いますが。
涌井のことで一つ書いておきたいことがあります。それはキャッチャーを選ばないということです。太田とのコンビで見事勝ち続けています。移籍してきたばかりなのでキャッチャーとの相性などと言ってられないというのはもちろんありそうですが、太田のサインに露骨に首を振るのではなく、ときどき「う〜ん、それでいいの?」と首をかしげるような意思表示をして投げるボールを決めているときがあるのを見ると、若い太田に打者との駆け引きを教えているのではないかという気もしています。まさにエースの振る舞いですw。