わしろぐ

ちな鷲ジジイの観戦日誌。身辺雑記もあるよ。

お目覚めの2連発...(浅村栄斗)

B1−5E

浅村

楽天打線もようやく目覚めつつある。少なくとも浅村は完全に目覚めたろう、2打席連続ホームラン*1は、寝ぼけていてはさすがにできない。
相手先発の山岡が全盛期を思わせるキレのあるピッチングでスタートしたときはどうなることかと心配したが、終わってみれば快勝だ。4点差で松井裕樹はハッキリ言って楽勝でした...。

ほか

トップバッターに座った島内にも渋いヒットが出た。岡島のヒット1本はたまたまで、全打席、当たり自体は悪くなかった。山崎も安定してヒットが打ててるし、小深田も出れば何かしら結果は出す。
まだ眠っているのが西川と茂木だな。特に西川は重症である。なぜか重症の西川のところにけっこう厳しいボールが来ていて、これを審判がことごとくストライクコールするものだから、手も足も出ない状態になっていた。
そして茂木。実は一番気になっている。どんどん存在感が薄れて来ていて心配する以上に頭に来ている。しっかりしろ!。
西川も、茂木も早くキッカケがほしい。

いずれにしても、チーム全体に目覚めの兆しは見えてきた。雄平コーチはホッとしているだろう。


伊藤茉央のプロ初勝利、則本はいい仕事をした。

先発は則本、6回1失点とゲームは作ったが、残念ながら初勝利はまたもお預けである。
味方の援護が8回からだったので、勝ち星がついたのは則本の次に投げた伊藤茉央だった。ここは後輩への粋なプレゼントということでいいだろう。ノリは先発としての仕事はしている。
伊藤茉央は楽天ルーキーの白星一番乗りになった。中川から始まるオリ打線(中川、茶野、ゴンザレス)を3人でピシャリと抑えたわけだから、その資格は十分にありだ。「大きな自信」は勝ち星についた副賞である。おめでとう、マオ!!。次もしっかり頼んだ。

*1:最初が2ランで次がソロ、これで1,000打点達成となった。