わしろぐ

ちな鷲じいさんのプロ野球観戦日誌です。身辺雑記もあるよ。

10連勝のかかったゲームの先発は連勝ストッパーですが、それが何か?…

来週末は3年ぶりの青葉まつりですね。

10連勝の勝利投手になったらエースと認めよう...

  • Bs1−7E

とうとう9連勝、今日のゲームが10連勝になるかどうかの節目のゲームになりますが、その先発を任されたのは、エースと呼ばれる一方で、「連勝ストッパー」の異名も持つ則本です。そろそろ来るだろうと覚悟はしていましたが、野球の神様はなかなか厳しい課題を与えてくれました。面白くなりそうなので、昨日のゲームがどうこうの前に、ちょっとだけ。
カードの頭を任せたいと、コロナ明けの則本は5月1日のソフトバンク戦に登板しました。中6日で計算すると今日のゲームになるわけですが、それがちょうどチームの10連勝のかかったゲームになる、やはり則本はエースと呼ばれる資格のある投手なのかもしれません。則本はこのゲームで勝利投手になれるのか、それともいつもどおりの連勝ストッパーになってしまうのか、まさに今シーズンの彼の「エース度」をテストする登板になりそうです。

昨日の島内さま

ということで、昨日のゲーム。
6回までは投手戦といっていい緊迫した展開でしたが、その中でも楽天は2回表に先制すると、一度も逆転を許しませんでしたから、まさに勢いに乗っているチームのゲーム運びだったと思います。
浅村から感染したに違いない島内の「ゲッツー病」は、今でもときどき発症するときがありますが*1、その頻度は着実に少なくなっています。昨日のゲームでもしっかり打点2を稼いでくれたことにホッとしています。
さすがに今シーズンは浅村と西川の打撃成績が群を抜いていますので、ただでさえ控えめな島内が目立つことはほとんどありません。が、それこそが島内にとっては居心地の良い環境とも言えます。島内らしい4番の仕事が徐々に見られるようになっているし、これからも増えてくれることに期待しています*2

地味だけどグッジョブ

あと地味にいい仕事をしているのが炭谷です。ピッチャーのリードだけでなく、攻撃面でもしぶ〜いグッジョブが目につくことが増えました。チャンスの場面で炭谷に代打を出すかどうか、石井監督は実に悩ましいところだと思います。贅沢な悩みなんですけどねw。

黒川も昨日のゲームではいい仕事をしていました。マルチ安打のバッティングよりも、守備が光っていました。昨日は浅村がDHだったのでセカンドに入ったわけですが、やはり本職はセカンドかな。生き生きプレーしていましたね。オリの紅林は同世代野手のライバルですが、昨日のゲームでは黒川に軍配を上げたいと思います。

目覚めよ

スタメン全員安打の中で唯一最終回までヒットが出なかったのが守備の人・辰己でした。この人は守備は一級品ですが、バッティングがなかなか同じレベルになっていないのが歯がゆいですね。入団したときの期待度からしたら、今の西川がそのまんま辰己の姿だったはずです。(西川と)チームメイトになったことを偶然の出会いのままにしておくのは勿体なさすぎというものですw。

いずれは先発完投を

で、最後に先発の早川くん。前回登板のときに西川がヒロインで「早川くんが...」とコメントしていたのをしっかり覚えていたようです。私にはかなり皮肉の効いたコメントに聞こえましたが、早川くんは「叱咤激励」という表現をしてましたね、大人の対応でしたw。で、初回から気合の入ったピッチングだったと思います。なかなか打ち取れずに粘られるシーンもあって6回で100球超えは、もう少しなんとかしてほしいと欲張った期待もあるにはあるんですが、ま、それもこれも早川くんのポテンシャルがこんなもんじゃないと認めているからこそです。そのうち、先日の涌井のような先発完投を見せてほしいし、先発完封も見てみたい。さすがに完全試合というようなことまでは望んでいませんがw。

*1:併殺打10は、リーグトップ、2位はオリ紅林の5ですからwスコアです。

*2:特に田中ゲームでの打点に期待大です。