わしログ

ちな鷲じいさんのプロ野球観戦日誌、ときどき身辺雑記

シーソーゲーム

M6−13E

4回に先制し、5回に5点の大量得点。6点リードで勝利投手の権利を手にした先発涌井だった。普通の涌井ならこのまま完投しようかという展開になるのだが、このごろの涌井はそうはならない。6回裏に4点返されたちまち2点差まで追い上げられた。先頭の曲者・荻野が出塁し、これが口火になって1点、そのあとレアードに3ラン。おいおい流れはロッテだよという展開に。
ところが7回表に2点追加してまた4点差に。ロッテに曲者・荻野がいるように楽天には好調・岡島がいる。岡島と内田が打っての2点だった。このゲーム、岡島はなんと4安打だった。

ただ7回裏にはまた2点返される。まさにシーソーゲーム。
ゲームを決めたのは8回表の3得点だったと思う。相手の2度のバックホーム悪送球から得点した。これで流れは完全に楽天に来た。もう離さない。
9回も大地の2ランが飛び出して終わってみれば大量13点。裏には森原がマウンドにあがり3人で決めた。いやはや涌井の先発が遠い過去のことのような長いゲームになったが、涌井はとりあえず5勝目だ。


応援クリック いつもありがとうございます。
にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村