わしろぐ

ちな鷲じいさんの身辺雑記

強い楽天のトップバッター西川遥輝が戻ってきました、14得点が何よりの証拠ですw。

カード初戦、第2戦からは想像できないビッグゲームに
  • M1−14E

カード2戦目の辛島ゲームを落とし、このカードも3連敗かと半ば投げやりな気持ちの観戦でしたが、「どうしちゃったの楽天?」というくらいのビッグゲームで勝ちましたね。

これがあるから、野球は面白い。

第2戦のゲーム後の石井監督コメントがユニーク(意味深)でしたが、選手のプレーに少なからず影響したのかもしれません。

「打者で言えば、スイングをかけていかないといけない。投手で言えば、引き気味にならずに腕を振っていかないといけない。頭で考えることも大事だが、体でアクションを起こすことも、もっと大事」

これがうちのトップバッターです。

昨日のブログに「一番バッターの差」と書いたとおり、昨日のゲームではうちの一番バッター西川の覚醒がビッグゲームのキッカケでした。*1

初回の先制のあと、3回の追加点、5回5得点のビッグイニング、ともにトップバッターだった西川の長打が口火となりました。

しなやかなバットスイングからの長打、開幕スタートダッシュの立役者であった西川が戻ってきたようでした。

一本だけなら「たまたま」ということもあります。

それが2本出たことに意味があります。

荻野がリーグ1のトップバッターなら、西川はその座を虎視眈々と狙う、いや、狙える唯一のトップバッター。

島内の浅いレフトフライも、3塁ランナーだった西川は、持ち前の勘の良さと判断力で貴重な犠牲フライにして見せました。

あれがなければ、危うく0アウト満塁のチャンスに1点も取れずに終わるところでした...。

まさに、第2戦での8回裏、ソラの暴投の隙きを突いた荻野のホームスチールに匹敵する走塁でした。

これがうちの若きエースです。

先発の早川も初回から躍動してましたね。

まず、ストレートに力強さがありました。

それに、ペース配分を意識したかのようないつものクールなピッチングは影を潜め、最初からかなり飛ばしてましたね、その分、制球がいまひとつ、高めに外れるボールも多くて、初回に30球超えはよく投げたなあ...。

それでも2回以降は落ち着いてきて、最終的に7回104球1失点のゲームメイク、先発としては十分グッジョブの部類です。

これがうちの新リリーバーです。

早川がリリーフにバトンを渡した8回には既に10点のリードがありました。

森原、福山にとっては良い肩慣らしという展開での初登板となりました。

で、どっちも20球に満たない球数で1イニングをまとめました、安楽とソンを抹消した今、このスタートの意味はけっこう大きいです。

これからこれから

加えて、岡島にも初安打が出ましたね。

明日から始まるホークス戦、続くライオンズ戦、イーグルスの反撃体制は整ってきましたよw。

*1:一方の荻野はうちの先発が完全に封じ込めましたw