わしろぐ

ちな鷲じいさんのプロ野球観戦日誌です。身辺雑記もあるよ。

釜田が初回ノックアウトでも、鈴木ソラにプロ初勝利がついたゲーム...

  • E7−5H

釜田の中6日はしんどいかも

先発・釜田が初回にいきなり4失点。打者9人に対して5被安打1四球と散々の内容だった。球速、球威、制球力...と、どれをとっても1軍のレベルとは言い難い、今の釜田に中6日はちょっとキツイかもしれない。特別のアクシデントということもなく、ごくごく当たり前のように2回から鈴木ソラにスイッチした。

ベンチの釜田の様子は、特別悔しそうでもなく、「あぁ、やはり無理だったか...」と中6日での登板に限界を感じているようにも見えた。釜田の起用法をどうするか、ちょっと悩ましい。

4失点のあとに7得点

立ち上がりの4失点はカード初戦と同じ。今日もダメかと早くも諦めかけて入った1回裏。相手先発の板東は、釜田とはまた違った意味での立ち上がり乱調で、ヒットと四死球を重ねて、0アウト満塁でいきなりの「ここ島(ここで島内)」を迎える。そして、トントン拍子、島内がタイムリーで1点返すと続く銀次もタイムリー2ベースでたちまち1点差まで詰め寄った。

今までのイーグルスなら、ここで止まるか、良くて同点というパターンだったが、昨日は違っていた。渡辺佳明、炭谷とタイムリーが続くと、打者一巡してトップの西川にもタイムリーで一気に逆転7得点とした。うっひゃー、こんな展開になるかぁ...、則本が先発だとこうはならない、これが釜田ゲームなのかぁ...と一人で盛り上がる。

鈴木ソラがプロ初勝利

さて、釜田からスイッチした鈴木ソラ。いきなり降って湧いたような2回からの登板。その昔、「困ったときのボブ」とか「困ったときのトム」といった、スクランブル登板で結果を出すタイプのピッチャーがいた。昨日のソラはまさにそれだったか。予告先発で前夜に眠れず体調最悪といったことがない分、思いがけないナイスピッチングを見せるというパターンである。

ま、ソラがそのタイプだったか、そうじゃなかったかはこの際置いておくとして、2回30球1失点と、特別どうこう言える内容でもなかったが、味方が1回裏に逆転したこと、ソラからリリーフした他のピッチャーは皆1イニングずつだれも失点しなかったこと、で、結局、ソラに勝利投手の権利が舞い込んできた。

「困ったときのソラ」で終わらせるな

どんな形であれ、プロ初勝利には違いない。ゲーム後に石井監督と記念写真を撮りグータッチ、炭谷と2人でヒロインにも出ていた。釜田の中6日が厳しいと分かった裏腹で、鈴木ソラにプロ初勝利が転がり込んだ。チームとしては転んでもただでは起きないところを見せた格好だ。ソラがこれをキッカケにタフなピッチャーになってくれれば、釜田のノックアウトも無駄ではなくなるな。

鈴木ソラのピッチングはまだまだ単調な印象がある。打者と戦っているというより、自分と戦っている段階。キャッチャーのサインどおりにミットをめがけてただただ投げるだけ、というのでは、打者を討ち取るという展開にはなりづらい。技術的にはもう少し制球力を磨きたいというのもあるが、今の球威なら、単調なピッチングに変化を加えることでだいぶ良い方向に変わってくるはずである。その点、宮森がソラより上を行ってるのは、しっかり打者と対峙しているからだろうw。ただ、プロ初勝利の効果は絶大だと思うので、シン・翔天に期待。

岡島が心配

スタメンからギッテンスとオコエが外れた。これはやむを得ない。代わりにスタメンにもどった岡島がライトフライを顔面に当てて退場した。ロッテとのゲームで岡がボールを見失うということがあった。あれと同じパターンだろう。ライトだけにライトとボールが重なった...。などと洒落ている場合ではない。岡島の怪我の状態が心配である。

さぁ、今日は「魔の金曜日」。ゾゾマリンでロッテと対戦、先発は岸と佐々木朗希、ホームが反対になっただけで前回と同じ顔合わせとなった。岸に限ってヤラレっぱなしはないだろう。キッチリ借りを返したい。