わしログ

ちな鷲じいさんのプロ野球観戦日誌、ときどき身辺雑記

ホークスは本当に厄介なチームである。ハァ〜....

H5−5E

先発の則本は序盤の4点リードを1点差まで追い上げられて6回で降板した。リリーフは7回ソン、8回ブセニッツ、9回松井裕樹のリレー。ソンとブセニッツはいつもどおり任務完了。問題は守護神・松井裕樹を1点リードでマウンドに送らなければならなかったことだが、その不安は的中する。こちらもいつもどおりの「松井劇場」の独り相撲でたちまち同点にされた。
ホークスの負けが消えてバッターは2番ギータ。ただ、ここは松井裕樹がかろうじて踏ん張った。引き分け。

「よくやった」と言えばいいのか、「よくもやってくれたな」と言えばいいのか...w。このカード、1勝1敗1分け。

今シーズンの楽天は裏ローテといっても「岸、則本、瀧中」という顔ぶれ。裏でもこの豪華(贅沢)な顔ぶれに楽天を優勝と予想した専門家が何人かいたわけだが、ローテ3人の中では一番格下の瀧中が勝って、先頭の岸は3回でKO(降板)、2番手の則本が4点リードを守れず引き分け。...とまあ、こんな具合である。というか、野球はこんなもんである。だから恐いし面白い。
www.washilog.com

ペナントレースの最大のライバルホークスだが、今はデスパを欠いて、守護神の森を欠いている。ローテの順番にもよるが東浜も千賀もいない。それでもあの闘い振り。それぞれが自分の役割を確実に遂行する。だれかも言っていたような気がするけど、ホークスの強さはそこに違いない。本当に感心させられる。「周東、上林コンビ」という新たな脅威も出てきた。まったくもって厄介なチームである。

まとめ

  • 攻撃陣は序盤と中盤で計5点を上げた。
  • 則本は序盤の4点リードをそのままそっくり後ろに引き継ぎたかったが1点差まで追い上げられてからマウンドを降りた。
  • 先発とクローザーの間のリリーフ陣はそれぞれ無失点でバトンを渡した。
  • 守護神の松井裕樹は逆転はされなかったが同点にされた。

ホームランバッターが「犠牲フライ」しか打てなかった...。そんな印象。

教訓:ホームランバッターがいつもホームランを打ってくれるわけではない。