わしログ

ちな鷲じいさんのプロ野球観戦日誌です。

有原が良かったね。6回表に1点しかとれなかった、あれがこの日の限界でした。


F5−1E

初回にいきなり3点先制されてのスタート。先発の塩見は前カードのライオンズ戦と同じような立ち上がりになりました。それでも、3点先制くらいなら返せるのが今までの楽天打線でした。
ただ、さすがに相手(先発)にもよるものですね...。相手先発はエース有原で、150キロ台のストレートでグイグイ押してくるくらい調子が良かった。そこに加えて今の楽天打線はやや夏バテモード。1点返すのが精一杯でした。
www.washilog.com

6回表の0アウト満塁のチャンスに1点しか取れなかったのがすべてでした。0アウト満塁で迎えた楽天の打順が2番鈴木、3番ロメロ、4番浅村でしたから、ここで1点しかとれなかったとなると、やはり有原を褒めるのが妥当なんでしょうな。

うちの先発・塩見ですが、立ち上がりの3失点だけですね。そのあとは5回に中田のソロで追加点を与えますが、なんとか5回まで投げてくれましたので、ゲームを壊すというところまで悪くなかったと思います。塩見は前みたいにズルズル崩れることがなくなってきました。メンタル的にタフになってきたと感じます。問題の初回失点ですが、本人は初回の4連打3失点について「大胆にいきすぎて、ストライクゾーンで勝負しすぎてしまった」と悔やんでいたようですが、「大胆にストライクで勝負」はある意味今シーズンの塩見が好調であることの象徴でもあるはず。悪いことではないと思うのですが、本人なりの加減があったのかもしれません。大胆さを変に抑えて今シーズンの良さが消えないことを祈ります。

さて、これでこのカード2勝2敗1分け。五分で第6戦を迎える展開になりました。先発は福井ですが、足立のリードで蘇るかな。そろそろ勝ち星をつけてあげたいけど。まずは自分の仕事をやってくれることが前提ですね。

余談ですが...

7回裏に森原が登板。その森原ですが、松井裕樹、則本に復調の兆しが見えてきた中で、クローザー転向失敗の森原だけが立ち直れていない印象があります。
淡々と投げて打たれて失点しているイメージは相変わらずです。森原自身の気持ちの中ではかなりの葛藤があるのかもしれませんが、それが打者の方に向いていない感じ。打者と対峙しているムードがとにかく薄い。僅差のリードという展開ではまだマウンドへ送り出せる状態ではありませんね。
f:id:uesugi_rintaro:20200823150557p:plain