わしログ

わし(楽天イーグルス)ファンの雑記ブログです。

平石監督退任騒動に思ったこと

河北新報は煽りすぎ?

平石監督の退任騒動。「騒動」というと少し大袈裟になってしまうけど、新聞でもブログでもいろいろな人がいろいろな角度から書いていますね。それだけ多くのファンが納得できずにいる退任だったということでしょうか。

私が一番驚いたのは地元紙である河北新報さんが意外と平石監督寄りで記事を書いていたこと。ま、読む人によって印象は変わるかもしれませんが、私が読んだ印象では「平石監督の退任は不可解」というニュアンスがビンビン伝わってきました。

野村監督の退任のときを思い出した。

思い違いをしているかもしれませんが、野村監督のときも似たような退任報道ではなかったか...。そんな記憶があります。あのときも多くのファンが野村さんの退任を納得していませんでした。「ファンの気持ちを代弁する」、そんな切り口で記事は書かれていたのかもしれません。で、間違いなく私も「悲しむファン」の一人でした。

野村さんの後任は広島カープでも監督を務めたブラウン監督でした。野村さんが「俺よりもあんな外人監督の方が上だと言うのか...」と露骨に不平を漏らしていたのを覚えています。野村さんの最後のシーズンも成績はAクラス、楽天ファンだけでなく一般のプロ野球ファンの目から見ても謎の退任劇だったと思います。辞めさせる球団の意図がよく分かりませんでした。球団はいったい何を考えているんだ、みたいな。

野村さん退任の裏事情?!

あのあと、いろいろな憶測報道や裏事情報道が流れましたが、その中の一つに「野村さんの認知症疑惑」というのがありました。具体的なエピソードは忘れてしまいましたが、ベンチでの采配に周りが不安を漏らしているというものでした。

年齢的に冗談では済まされないリアルさがありました。「あぁ、それが原因だったか...。ならしょうがない...」と自分を納得させたのを思い出します。

野村監督退任のときとは違う。

話は戻ります。では、今回の平石監督の退任劇は野村さんのときと一緒かというと、少なくとも私にとってはぜんぜん違います。

石井GMが球団としてどんなチームを目指しての監督交代だったかを説明しているからです。あのA4ペーパーの内容を意味不明と仰る人もいます。チームに対する愛着や不平不満は人それぞれ、書いている内容に共感できる人もいれば納得いかない人がいるのは当然です。

ただ、私には石井GMが今シーズンのチームの戦い方に限界を覚えていたことがあの文書から十分に伝わってきました。たぶん、私自身もそこの部分は共感できたのでスムーズに読めたのだと思います。
www.washilog.com

私が感じていたモヤモヤ

「今のはだれが(何が)悪いんだ?」がウヤムヤになっているプレーが多すぎました。悪いのは監督の采配(起用)か、選手の技術か、それを(練習)させなかったコーチか、同じミスやそのパターンを何度か見せられるけど一向に改善しない。

監督は選手を責めない。それは立派なことだけど、いや、あとでみっちりミーティングしていたのかもしれないけれど、傍目には「今日の結果は結果、スッキリ忘れて...」コメントしか入ってこない(見えない)から、いつもそのままウヤムヤになっているような空気がありました。

良きリーダー、思いやりのある兄貴分は一つの理想形ではあるけれど、「いいのか毎回それで...」みたいなのはありましたな、正直なところ。
www.washilog.com

さいごに

話がアッチコッチに飛びました。要するに今回の退任騒動も球団が信じられるかどうかで意見が別れるのだと思います。あぁ、また三木谷の差し金か...と思う人もいるでしょうし、今回は間に石井GMが入っている、石井GMなら信頼できる...と思う人もいるでしょう。私は今のところ後者です。

どちらにせよ、野村監督(退任)のときとは違っている、そこは間違いないと思うけどどうでしょう。

平石さんには球団からのオファーを受けてほしい。石井GMの改革をフォローしてやってほしい。イーグルスとの関係を断たないでほしい、そう願うばかりです。