わしログ

わし(楽天イーグルス)ファンの雑記ブログです。

力負け、相手が1枚上手、役者が違う...それだけのこと

  • E2-3L

首位ホークスには3連敗、2位ライオンにも負け越しです。

接戦で負けるとどうしても実力差というものを感じずにはいられませんね。今回は監督采配というより、選手一人一人の実力差を痛烈に感じました。
www.washilog.com

リーグを代表するというか、もはや日本プロ野球を代表すると言っていいライオンズの強力打線に対し、楽天も現在チームで1、2を争う安定感の石橋とリーグ最強と言っていい中継ぎ陣を擁してぶつかった結果の軍配です。

ライオンズが1、2枚上手でした。

ただそれだけのこと...。

「1枚上手」と言っても、ライオン相手に6回と1/3を2失点でまとめた石橋は先発としての役割を十分に果たしたわけで、やはり攻撃力の差でしょう...。これはどうしようもない。
www.washilog.com

強いて投手について言えば、勿体ないと思ったのは、イニングの先頭打者に対する入り方でしょうか。

  • 2失点した初回は石橋が先頭の秋山に四球を出して始まった。
  • 決勝点となった8回の1失点は、森原が先頭の森(現在首位打者)に投じた初球(ほぼ真ん中のストレート)をレフト前へ持って行かれたところから始まった。*1

先頭打者を出塁させることが、どれだけの高い確率で失点に結びつくのかは十分に分かっているはずなのに、しかも先頭が秋山、森というリーグ切っての好打者と来ている。ま、だからこその失投とも言えるわけですが...。そういう意味では

「役者が違った」

とも感じられるカード第3戦でありました。

さて、ロッテが負けたので、本当は勝っておきたかった昨日のゲームでしたが、なかなか上手く行きませんね。

今日の先発は岸、チームはもちろんですが、岸にもそろそろ勝ちをつけてやりたい。

3本柱でも、正直、勝てそうな空気になってこないのが悩ましいところですが、これ以上3位ロッテに離されるわけにはいかないんだなあ。

*1:解説の山崎武司さんも首位打者に投じる初球ではないよね、みたいはコメントだったと思いますw。