わしログ

わし(楽天イーグルス)ファンのプロ野球観戦雑記です。

石橋と堀内は着実に進化しています。和田恋もいよいよ覚醒です...か?w

  • L2−14E

昨日のブログは少し書きすぎました。ファンブログなのでチームを応援する視点で書こうといつも思っているのですが、連敗したりするとついつい「そのときの思い」ばかりが先行してしまいます。反省です。

さて、できるだけ楽天ファンの機嫌を損ねないように書こうと思っていますが、昨日のスコアでは損ねようがありませんねw。ライオン相手に前日までの鬱憤を晴らすかのような大勝でした。

野村・元監督の名言を思い出します。

「強いチームは勝つ時は接戦、負ける時は大敗、弱いチームはその逆」

前日までの接戦の2ゲームを落とし、最後は大勝、まさに「弱いチームはその逆」という勝ち方でしたw。

石橋は進化しています

先発の石橋が「らしい」ピッチングでゲームをしっかり作ってくれました。この人の場合も菅原同様ボールが多少荒れますが、打者との勝負の中での荒れ球ですから自分との勝負の中で(自分の気持ちを整えることでいっぱいいっぱいの状態)ボールが荒れるケースとは別次元の現象です。

打者の内角を執拗に攻める堀内のリードも効果的でしたし、そのリードに応えていた石橋の強気のピッチングもよかった。あれこそが石橋の持ち味ですね。あとはもう少しイニングを喰えるようになれば、もう立派なローテーションピッチャーと言っていいでしょう。

石橋はマウンドでの落ち着きがいよいよ板についてきた感じがします。多少のピンチでもそれを切り抜ける自信と術を身に着けた印象です。この雰囲気が野手の攻撃のテンポや守備の落ち着きにも良い影響を与えるわけですね。ピッチャーと野手の信頼関係というやつですw。
f:id:uesugi_rintaro:20190826204352p:plain

堀内も進化しています

さて、堀内の話が出たついでに、彼のバッティングについても少し。昨日は4打数2安打3打点の活躍でした。打率は2割を切っていますが、勝負どころで結果を出す印象がものすごくある選手です。

西武の森のような強打のイメージではありませんので、ホークスの甲斐かロッテの田村のような嫌らしいイメージかな、めざすべきは。
www.washilog.com

和田恋も覚醒しました

あと、和田恋がいい感じで打ち始めました。昨日の5打数4安打は1軍でのキャリアハイのようです。彼は一皮むけた感覚がありますので、このまま行きそうな雰囲気です。

和田恋の覚醒が思った以上に早かったですね。これからの和田の活躍も楽しみですが、内田の巻き返しにも興味が出てきますね。2人が一緒に同じゲームに出られる日は来るのか...、内田しだいということですなw。
www.washilog.com