わしログ

わし(楽天イーグルス)ファンの雑記ブログです。

【奥川恭伸(星稜)】もいいけど、【佐々木朗希(大船渡)】もやっぱり捨てがたい....

夏の甲子園が終わり、U-18の侍たちが韓国で開催中のワールドカップに出場中です。これが始まると気になるのは、やはり今年秋のドラフト会議ですね。

石井GMが「アマチュアBIG3」*1と表現していた投手が3人いるんだけど、その中でもこの2人の高校生が注目を集めていますね。

  • 甲子園で準優勝した星稜のエース、奥川くん
  • 岩手県予選の決勝で投げずに高校最後の夏を終えた佐々木くん

で、この2人なんですが、どちらも我が楽天イーグルスとの関係が意外と深いことが分かりました。
ま、私が無理やり関連づけただけとも言えるんですけどねw。

まず奥川くん。好きな球団に楽天をあげているようですね。憧れの野球選手が田中将大らしいので、同じ道を歩みたい、そういう夢があるのかもしれません。

田中は年明けに楽天の室内練習場を使った自主トレをするのが恒例になっていますが、そこらへんのことも知っているかもしれませんね。マー君効果はこんなところにも現れています。貢献度大です。奥川と田中のツーショット、見てみたいなあw。きっと兄弟に見えるだろうなあw。

そして佐々木くん。これは文句なし、説明の余地なし。岩手県は大船渡高校のエースでしたから、イーグルスの地元(東北)出身者という関係ですね。

ダルビッシュ有、大谷翔平、菊池雄星、そして前年の吉田輝星と東北出身の甲子園のスター、未来のスターたちをこれまでことごとく他球団に持っていかれたという黒歴史をこれ以上繰り返すわけにはいきませんw。
www.washilog.com
ただ、奥川くんと佐々木くん、「どっちも獲得する」ということはあり得ません。「どちらか一方」だけ。…というのはかなりラッキーなことであって、他球団との競合を考えると、「どちらも諦める」という展開の方がよりリアルな予想でしょう。
ここは石井GMか立花代表のくじ運の強さにかけるしかないわけです。

私個人としてはこれまでずっと「奥川推し」で来ていました。奥川くんの甲子園での勇姿が目に焼き付いていたし、奥川くんにマー君を重ねていたこともあります。
あと、正直、佐々木くんの実力自体をかなり侮ってました。

しかし先日、テレビ中継で佐々木くんの大学選抜との練習試合でのピッチングを見てから認識が一変しました。あれから、気持ちが揺れています。
プロ野球の中継と変わらないアングルから撮影された映像ですからこれまで見てきた色々なピッチャーのピッチングと比較できるところで佐々木くんのそれを見たわけです。

なるほど。これまでスポーツニュースなどの記事で見かけていた「衝撃的」とか「モノが違う」といった言葉の意味がようやく分かったような気がしました。
たしかにあれは超高校級と言われるレベルからも頭2つ3つ抜けた感じのピッチングでした。

同じ150キロ台のスピードボールでも性質が違って見えました。まるでボールが生きているかのようです。龍が勢いをつけてミットに襲いかかって行くよう…と言ったら大袈裟でしょうか。でも、ストレートといい、変化球といい、今まで見たことのないボールだったのは間違いありません。なんか怖くなりました。

佐々木くんについては、まだ短いイニングでのパフォーマンスしか明らかになっていません。大学選抜とのゲームでも投げたのは1イニングだけでした。

1ゲームを通してあのパフォーマンスを維持できるとは思えませんので、ゲーム中盤以降はどんな風にゲームを作っていくのか、または行けるのか、そこは未知ですね。

ただ、とてつもなく「大きな可能性」を感じさせるピッチャーなのは十分にわかりました。
奥川もいいけど、佐々木もほしい。武芸者を召し抱えようとする殿様の気分で言うなら、奥川が宮本武蔵で、佐々木はそのまんま小次郎でしょうか...w。

2人ともu18w杯での登板はまだ無いようです。「数十年に一人」の逸材をいきなり2人も預けられた監督は大変です。責任重大です。でも、上手く使ってやってほしい。日本が勝つためにというよりは、2人が後悔しないように。

  • 奥川が先発して、佐々木が締める
  • 佐々木が先発して、奥川が締める

この2パターンをやってくれたら監督に拍手を送りますw。

*1:星稜高校の奥川恭伸、大船渡高校の佐々木朗希、明治大学の森下暢仁の3人