わしログ

わし(楽天イーグルス)ファンの雑記ブログです。

【明暗】巨人の菅野がオープン戦2回めの登板で3回パーフェクト、あの日「寝違えた」則本は状態あがらず...

f:id:uesugi_rintaro:20190304204324p:plain

これが本物のエースの調整

巨人・菅野3回完全!直球キレキレ ヤクルト戦12イニング連続無安打― スポニチ Sponichi Annex 野球

3月2日の巨人vsヤクルト戦、セ・リーグのゲームなので、いつもならほとんどスルーするところなんですが、巨人の先発が先日の楽天戦で投げたエース菅野だったのでチェックしました。
www.washilog.com

菅野智之、さすがですね。

もう、それしか言葉が出てきません。ジャイアンツのエース、そして侍Jのエース...。

3回完全です。

巨人・菅野が3回を一人の走者も許さず封じた。三振3、内野ゴロ4、内野飛球2で外野への打球なし。

相手が菅野の得意にしているヤクルトだったとはいえ、この日のテーマにあげていた「直球をコースに投げ分けること」がほぼイメージどおり出来ていたようです。調整は着々と進んでいます。

キャッチャーの小林も「順調に来ている」とお墨付き。

これがエースの調整、開幕投手を任せられるピッチャーのこの時期の正しい姿ではないでしょうか...。

で、これが楽天のエースの調整

...と、ここまで書いたら、何が言いたいのかほぼ見当がついたと思います。

そうです。今シーズン最初のオープン戦だったジャイアンツ戦で、菅野と投げ合うはずだった則本のことです。

首を寝違えてあの日の登板を回避して菅野に「すみません」メールを送ったうちの則本です。

台湾遠征も回避して今はどんな調整具合かと思ったら、こんな感じらしいです。

キャンプイン前日のビックマウスはいったい何だったのでしょう。
楽天則本昂大 投げ込み「1000球?」口も滑らか

飛ばし過ぎじゃないかと周りが心配するくらいの仕上がりの早さで調整が進んでいましたが、いよいよ開幕が見えてきたこの時期になって急ブレーキです。

あれはいつだったか、侍Jに先発されて登板した国際親善試合で自身が「人生最高のピッチング」とコメントするくらいのピッチングを見せたことがありました。

あのときは「人生最高のピッチング」はペナントレースで見せてくれよ...、と思った記憶があります。

則本28歳、菅野の1個下ですか...。則本が師と仰ぐ田中将大や菅野智之と則本自身との差は、コンディションの整え方にもあるのかもしれません。

田中や菅野と比べると、則本はもともとの体格でかなり見劣りがします。自身のポテンシャルを(出すべきときに)最高に近い形で発揮できるだけのコンディションの整え方を習得しないことには彼らと渡り合うのは無理でしょう。ところがコンディショニングのレベルでもすでに差がついてしまっている...。
www.washilog.com

多くの則本ファンは言うでしょう、則本本人が一番悔しい思いをしているはずだ...と。それは私にも想像できます。

だから...、私は楽天ファンとして悔しいというよりも「悲しい」です...。

さいごに

開幕まで残り1ヶ月を切りました。

開幕投手はちょっと無理そうですが、ホーム開幕には間に合いませんか?。

そこで「さすが則本」というわけには行きませんか?。

長いシーズン、決して無理はさせたくありません。

でも、オッ、今シーズンのノリは違うな...というところも早く見せてほしい。

(心のなかではそう思っています。)(´・ω・`)