わしろぐ

楽天イーグルス戦を中心にプロ野球観戦日誌を書いています。

早川隆久の代役に藤平尚真、復帰初戦が対・山本由伸の田中将大...と面白いカードになりそうです。

昨日はゲームがなかったけど、書きたい話題はいくつかあった。

1つは早川の登録抹消である。監督やコーチの説明だと怪我による抹消ではない、コンディションの調整ということらしい。ま、コンディションにもいろいろある。前回も4回ノックアウト、勝てないゲームが続いているので、それこそ気分転換と休養も兼ねているのだろう。今日先発予定の田中将大と同じ扱いだと思う。復帰を待ちたい。

2つめの話題は、その早川の代役に抜擢されたのが藤平尚真だったこと。ようやく先発で一軍に帰ってくる...、というのはもちろんだが、やっぱり同世代ライバルである早川の代役というところがポイントである。藤平にはこれまでも何度かチャンスがあったが、ここまで「意味あり」のチャンスは無かったと思う。いいところを見せてほしいね。さすが高卒ドラ1だというところをアピールしてほしい。
なぜか石井監督になってから、藤平には厳しい起用が続いていた。これまた同世代の高田萌生や高田孝一にチャンスが与えられるたびに、藤平の方が先だろう...と内心思っていたw。ま、優先順位は客観的に見た状態の良し悪しだったとは思うが。いずれにしても、今回の藤平先発起用の報道は「ようやく回ってきたか...」という感じなのである。

さいごの3つめは、今日先発予定の田中将大である。それだけなら、「ようやく戻ってきたか」という程度なんだが、相手先発が山本由伸というところで、「そうきたか」という感じなのである。すぐに頭に浮かぶのは「新旧・怪物対決」というイメージだが、田中は前回登板でもロッテの怪物「佐々木朗希」が相手だった。このときは佐々木のアクシデントなどもあり、勝てそうな流れだったが、田中の勝運は相手のアクシデントに付け込むこともできないほど落ちていた。
で、今回はリフレッシュ(抹消)明けの登板となるわけだが、山本とどんな投げあいを演じてくれるか、まずはそこが注目のゲームになる。どんな形であれ、田中が連敗ストッパーになってくれるようだと、これからのペナントレースに明るい兆しになるんだが。

天気がちょっと心配。