わしろぐ

60代ジジイのプロ野球観戦レビューと身辺雑記です。/ in Sendai

ようやく4番の仕事をしたな....



B4−5E

4点差から1点差に

 中盤まで4点リードの展開だったが、岸が降板した7回裏に3失点、1点差まで詰められた。
 安楽も酒居ももう少し登板間隔が欲しいかも。十分にチャージされていない印象は否めない。あと1枚、圧倒的な強いボールを投げられる代わりがほしいね。あとはまったく真逆の辛島をリリーフに使うとか。...単なる思いつきだけど。

1点差から2点差に

 そして1点リードで迎えた9回表、2アウト2、3塁で4番浅村に打順が回った。1塁が空いている場面で、相手バッテリーは浅村との勝負を選んだね。それくらい、今の浅村にはタイムリーの出る雰囲気がない。毎回思う、絶好球を見逃し、難しいボールにばかり手を出すのは何故?。毎度読み違いか、わけわからん。 Don't think feel...。
 しかし、さすがの浅村も最後の最後に意地を見せた。しぶとくセンター前へタイムリー。喉から手が出るほどほしかった追加点が入った。あそこで凡退していたら、いかに浅村とはいえ、ボロクソに書くところだったよw。

2点差から1点差に

 9回裏は、2点リードで守護神・松井裕樹だったが、トップバッターのセディーニョにソロホームランを打たれ1点差。あぁ、トップバッターで本当に良かった。後続の若月、紅林、ゴンザレスを討ち取ってゲームセット。浅村の追加点が効いた。
 松井も渡辺も身体のキレがなくなってきているのは明らか。あともう少し、耐えてくれ...。日ハムの田中正義は耐えきれなかったようだ。余談だけど。

あぶねえ…

 ソフトバンクとロッテも1点差でそれぞれ勝利。あぶねえ、あぶねえ…、一人だけ取り残されるところだった。
 経験の差、モチベーションの差がちょっとずつ結果に現れ始めている。
 今日の予告先発は黒木と荘司だった。3タテあるかも。よそのゲームの予告先発がこれまで以上に気になる。2位争いは最後までもつれるな...。