わしろぐ

in Sendai / ちな鷲ジジイの観戦日誌。身辺雑記もあるよ。

いよいよ末期症状という感じです。

E2−5L

残塁14

頼みの早川も、初回こそ無失点で立ち上がりましたが、2回に3失点、3回に2失点と、まるで交流戦最後の2ゲームを思い出させるかのような序盤の大量失点、4回94球5失点で降板となりました。
炭谷のリードを生かせるところが早川の強みでもありましたが、昨日の制球力ではそれもままならず。また、(ヒルマ、ケントと)炭谷のデータ不足が否めないところにつかまった不運も重なりました。

チームの安打数は西武の13に対し楽天が11とほぼ変わりませんでしたが、相手がホームランで還す効率の良さに対し、こっちは残塁14という拙攻で、最終回に2点返すのが精一杯。今季3度めとなる5連敗となり、最下位の地固めをしただけのゲームになってしまいました。とほほほ....。

ほんとに連敗していたチームか...

前日のブログに今のイーグルスは相手チームを蘇らせる再生工場となっていると書きました。ここ数試合、相手チームであるヤクルト、中日、そして昨日までの西武と、「これがほんとに連敗していたチームなのか...」と疑いたくなるような戦いぶりです。

昨日の西武なんて、ドラ1(2022ドラ1)ルーキーの初ホームランが3ランで、山川不在の代わりに入った4番・渡部が2020ドラ1で、これが2ラン、投げては3勝目の隅田が2021ドラ1で、ここ3シーズンの〈ドラ1組が躍動〉などと明るいニュースで沸く始末。

唯一の明るい話題

ホームゲームで3連敗を見せられたイーグルスファンはたまりません。ときどき映し出される球場の入りも空席がかなり目立っていましたね。
ゲームの途中で帰るファンが極端に少ないというイメージが今までのイーグルスファンにはありましたが、ゲーム終盤の球場は空席がさらに目立っているように見えました。

唯一、昨日のゲームで明るい話題があるとすれば、今季初スタメンだと思いますが、ショートを守った村林一輝が4打席2安打1四球と珍しく守備だけでないところを見せたことでしょうか。