わしろぐ

ちな鷲ジジイの観戦日誌。身辺雑記もあるよ。

あそこまで行ったら勝ちたかった…

交流戦ジャイアンツ戦となると視聴環境も変わります。昨日はNHKBSで観戦できました。とはいえ、金曜の夜、カミさんと外食してました。腰を据えて見始めたのは辛島が降板した6回のあたりから。
それでも、序盤は相手の先発横川に完全に抑え込まれていたようで、イーグルスの反撃が見られたのは、まさに私が見始めたあたりからで、その意味ではグッドタイミングでしたw。

ただね、反撃してくれたのは良かったのですが、最後の最後に全部持っていかれちゃいました。まずはそのへんから書いておきます。くやしいゲームでした。


G6✗−5E

クローザーは酒居

2点リードで迎えた9回裏の守り。マウンドは酒居でした。松井裕樹の4連投は回避、クローザーの代理をセットアッパーの酒居に託したのです。

ま、防御率がずっと0点台だったはず、今やイーグルスで最も失点の少ないピッチャーが酒居です。結果は厳しかったですが、この選択は支持します。

腐ってもG(坂本でもいいです。)

...この言い方は失礼ですね。しかし、今季のG(ここも「坂本」と読み替え可)はだいぶ苦戦していたという認識でしたが、どうしてどうして。やはり役者が違いましたね。さすが名門・巨人軍という感じでした。

先頭の梶谷がいきなり2ベースで出塁すると、次の重信がヒットでしょ...。これで0アウト1、3塁。そしてバッターは3番・坂本って、まるで「何かが起きますよ...」という展開でした。

酒居のボール自体いつもどおりだったと思います。決して悪くなかったように見えました。
それでも相手は坂本、2ボール0ストライクからど真ん中のフォークをひろわれました。逆転の3ラン...。Gファンにはこれ以上ない幕切れになりました。

勝ちたかった...

いやあ、こっちも終盤の7回に3点差を追いついて、8回に2点勝ち越した展開だっただけに、できれば勝って終わりたかった。いや、勝って終わらなければならなかったんだよなあ...。

いやあ、くやしい。
あの負け方であれば、終盤は同点どまり...、くらいの展開の方がまだ良かった...。
いやいや、違うな。まだカード初戦。2戦、3戦のことを考えれば、追い上げられるというところを見せられたのは良かった...と考えるべき。
一人問答を繰り返す。

やきもち?

オコエがすっかりジャイアンツになっていましたね。正直言って、なんかものすごーく複雑な心境です。これはやきもちというやつでしょうかw。古巣とか元戦士とかいう存在はファンにとっても複雑です。

いい勝負

6回の伊藤ユキヤのソロホームランを口火に7回、8回の攻撃はすばらしかった。好調6連勝のジャイアンツの13安打に対し、わがイーグルスも後半盛り返し9安打と少し前の打線とはまったく見違える打線になっています。

この調子でいけば、今日もがっぷり四つで行けるでしょう。そして酒居、松井裕樹のリレーも元に戻りますから、終盤のデフェンスも万全です。できれば3連投は避けたいところですが、7回に渡辺翔太、の目処も立ちました。

さぁ、まずは五分に戻しましょうか。