わしろぐ

60代ジジイのプロ野球観戦レビューと身辺雑記です。/ in Sendai

とことん勝ち運がないね...

昨日もラジコで...。

C7−11 E

楽勝かと思ったら...

初回に4点先制、2回、3回と1点ずつ追加、序盤で6得点でした。この日先発の荘司も3回まで無失点、これで荘司もようやくプロ初勝利だなと確信しました。この展開だったら思うでしょ、普通は...。

ところが4回裏、内安打と死球から1アウト満塁になると、代打・松山にお決まりのタイムリーを打たれ(2ベース)、1番菊池、2番野間のカープ最強打順に回るとたちまち4失点、2点差まで追い上げられました。

もう少し投げさせても良かったかな...

荘司は勝利投手の権利がかかった5回裏を三者凡退で切り抜けます。4回の大量失点を引きずっていないピッチングに見えましたが、6回表のトップバッター山﨑がヒットで出塁すると、石井監督は、荘司のところに代打・渡辺佳明を送りました。

渡辺は送りバントでしたから、今思えば荘司に送りバントをさせて続投でも良かったかな...、などと思ったりもします。

前の打席でバントを失敗していたし、勝ち投手の権利を持って2点リードしていたことを考えると、ま、あれがセオリーなんでしょう。

あの展開で荘司に勝ちがつく可能性を探るとすれば、荘司の6回続投という選択肢もありました。つまり荘司にバントさせる。ま、これも6回の内を見たから言える「たられば」ですw。

内がまさかの危険球退場

6回からリリーフした内が誤算でした。松山へのデッドボールが危険球となり1アウト満塁として退場となります。疲労でしょうか、最近の内は、調子の波が大きいように感じます。

そして緊急リリーフの津留崎は連打され逆転、ま、こうなるわな...という展開でした。

火消しは例によって鈴木ソラ。3連投でしたが、秋山を四球で歩かせたあと、続く2人を討ち取って消火。

この段階ではまだ1点差(ビハインド)でしたが、いやあ、正直、終わったかな...と思うくらい悪い流れになっていました。

ようやく結果が出ました、代打・島内、マスター阿部、田中カズキと3人まとめて...

楽勝!...と思った序盤から、終わったな...と急転回の中盤へと、なんとも慌ただしいゲーム展開になりましたが、終盤は楽天打線が見せてくれました。しかも、島内、マスター阿部、カズキの似た者*13人が立役者となります。

島内

まず8回表。1アウトからピッチャーのところに代打・島内がヒットで出塁。

マスター

ここからランナーをためて2アウト満塁のところでマスター阿部でしたが、ようやく期待に応えるタイムリー、しかも2ベース、逆転に貢献です。

スコアは7−9、2点リード。

カズキ

そして9回表、

8回に島内の代走で出ていたカズキが久々となる(?)一発、しかも2ランw。

いやぁ、カズキの一発はいつ以来でしょう。しかも貴重な貴重な一発になりました。
これは大きかった、チームにとっても、そしてカズキ本人にとっても。(カズキがこれで覚醒してくれたら心強いピースになるんだけどなあ...。)

産みの苦しみ

あとは9回裏を松井裕樹で3凡締め、ゲームセット。

終わってみれば、つくづく荘司に勝ち運がない。産みの苦しみってやつです。

*1:特に「結果」がほしい...という意味でw