わしろぐ

ちな鷲ジジイの観戦日誌。身辺雑記もあるよ。

オコエ瑠偉はジャイアンツへ


始まったね

光のページェント

仙台の冬の風物詩...。

ただ、いつもより電球の数がちょっと少ないような...

勾当台公園の電飾もないし...。
これも節電のためか。。。
真っ暗な公園がちょっと残念。

でも、始まった、今年も。

オコエ瑠偉ジャイアンツへ

始まったといえば、

現役ドラフトも始まった。
今年が最初。

で、楽天の第1号はオコエ瑠偉だったね。
これは大方の予想どおり。

指名したのはジャイアンツだったから、そこの予想は外れてた。
日ハムの新庄監督ならオコエを変えられるかも、
みたいな報道を何度か見たが、
オコエを乗りこなそうと名乗りを上げたのは、
ジャイアンツの原さんだったね。

イーグルスからジャイアンツへの移籍は、
けっこう上手くいくパターンだ。

ウィラーに高梨...。
みんな(といっても2人だけだが...)
「なんでイーグルスを出したんだ...」
と言われたものだ。

オコエ瑠偉にとってはこれが最後で最大の
チャンスになるだろう。

オコエに必要だったのは
きっかけと
環境の変化
(…だと頑なに思っている。)

その点、ジャイアンツへの移籍は
最高に理想的だと思う。

オコエ瑠偉をなんで出したんだぁ...
...と、イーグルスファンに言わせてほしいね。

ほんとにそう思う?

ま、セ・リーグだからいいんじゃないの...。
オコエ瑠偉、がんばれ!

気になるのは、
楽天からのあともう一人の
ドラフト候補選手。

チームからはたしか2人リストアップしたはずだから
あともう一人いるはずで、
2巡目の指名が無かったので、
結局は分からず仕舞い。

チームではやや微妙な立ち位置にある選手ということになるから、
ファン以上に選手が気にしてるような気もするがどうだろう。

ま、知らぬが花ということもある。
現役ドラフトが、
後味の悪い制度になるか、
選手の救いの制度になるか、
各チームの第一号選手たちの活躍次第ということだな。

で、イーグルスへ来るのは、
広島カープから正隨優弥くん。「しょうずい ゆうや」と読むらしい。

残念ながら、まったく知らん。勉強しよう。