わしろぐ

ちな鷲じいさんのプロ野球観戦日誌です。身辺雑記もあるよ。

捕らぬ狸の皮算用

はじめに

ゲームがないので、ブログのネタはないが、書く時間だけはたっぷりあるという状態。好きに書けるのはいいが、今はやっぱりプロ野球だ。

今いちばん気になるところの「星取り」(優勝ライン)について考えてみることにした。いわゆる「捕らぬ狸の皮算用」というやつである。これからの観戦では他のチーム、特にホークスとバファローズの勝敗に一喜一憂しそうだ。

イーグルスの場合、直接対決もけっこう残っているので、CSがもう始まっているような感覚になりそう。

まずは上位3チームの残り試合だが、ホークス(H)9試合、バファローズ(B)5試合、イーグルス(E)9試合である。

前提(ホークスの優勝ライン 5勝4敗)

ホークスが今の勝率(.538)を維持すると考えた場合、5勝4敗(.539)が優勝ラインになる。もちろんマジックが出ているのでホークスに全勝(9勝)されたら、もはやバファローズイーグルスも優勝はない。要するに現在の勝率で行くであろう...は、「行ってほしい」という希望的観測であるw。それに、そこを基準に話を始めないと今日の記事はこれ以上進まないw。

イーグルスが優勝する可能性

先に進める。ならば、5勝4敗のホークスに勝つために、イーグルスはいったいいくつ負けられるか、...と思ったら、なんと1つも負けられない(全勝)ではないか...。つまり9勝0敗(.543)、8勝1敗(.538)だと0.01差で負けるわけよ...。

これはもうアウトだね。ハッキリ言って...。

2位狙いなら

というわけで、イーグルスとしては、1敗した段階で、ホークスの戦況を監視しつつ(まさかの5敗以上を期待しつつ)、バファローズとの星取りを意識することになる。つまり2位狙いだね。

ただね、イーグルスは1敗した段階で、バファローズの3勝2敗(.539)には勝てない計算になる。

つまり、「8勝1敗のイーグルス」でも、勝てるのは、「2勝3敗のバファローズ」しかない計算である。

これもけっこう、いや、かなりシビアな数字なんだなあ。


残りのバファローズ戦に全勝したらどうよ...

ま、イーグルスバファローズとのゲームを3ゲーム残しているわけだから、「8勝1敗のイーグルス」を想定した段階ですでに「2勝3敗のバファローズ」は織り込み済みと言えないこともない。もちろん、イーグルスの1敗が当のバファローズだったら、その段階でロッテ頼みということになってしまうが...w。

ま、正直、十分にきついね...。

まずは8勝、話はそれから

いずれにしても、イーグルスは最悪「8勝1敗のイーグルス」になるしかない(もちろん「9勝0敗のイーグルス」でもいい)。話はそこからなのだ。

最悪のケース

最後に4位ライオンズをチェックしてみると、ライオンズの残り試合5試合。全勝すると勝率は0.521となるようだ。

イーグルスは6勝3敗で同じ0.521。ま、今はあまり考えたくない勝率である。そのときが来たら考えることにするw。

さいごに

ざっくりした計算(思い込み)なので勘違い、計算違いは笑って許して...。あくまで目安めやす...w。それに野球は何があるかわからない。いい意味で...。