ちな鷲じいさんのプロ野球観戦日誌です。

楽天イーグルス戦を中心にプロ野球観戦日誌を書いています。ゲームがないときは身辺雑記も書くよ。

エース

  • E1−6B

オリックス打線が好調なのか、それとも則本の調子が今ひとつだったのか、前日の早川同様、いとも簡単に失点してしまいました。ま、初回に失点するのは、昨シーズンまでの「則本あるある」だったりするわけで、こういうこともあるでしょう、...とか思っていたら、3回にも2失点、しかも初回とまったく同じバッターにやられての失点でした。こうなると、ある意味バッテリーミスの可能性も出てくる。そうでなくても、序盤3回までの4失点は、エースと呼ばれる投手の先発ゲームとしてはどうよ...という感じです。こんな展開になると、自宅で横になりながらのテレビ観戦でも、見続けるのはなかなかきついものがありますな。ブログに書くということがなければ、とっくにテレビのチャンネルを変えていたところです。

石井監督が「今は最悪の状態」とコメントしていたようですが、たしかに、やることなすこと、裏目にばかり出ているような...。変更した打順も結局は効果なし。吉田抜きの相手の11安打に対し、フルメンバーのうちが半分にも満たない5安打でした。
先発の則本には、こういう状態を打開してこそのエースではないか、と思わないこともありませんが、昨日の則本に、ここまでの強い負の流れを変えられる圧倒的なピッチングができたかと言われると、ま、無理でしょうな。
しかし、その一方では、前日の相手チームのエース山本のピッチングとどうしても比べてしまう自分もいるんですよね。エースなら悪いながらもゲームを作ってくれよ、....みたいなね。

そうこうしているうちに6回表、頓宮に許した2ランがダメ押しとなりました。1点ずつ3イニングだったら、まだ、3失点と逆転の目もありましたが、2点ずつだったから厳しいよね。前回のチーム10連勝のときは、今季は「エースと呼べそう」と思ったところでしたが、早くも気持ちが揺れていますw。

おまけ

涌井の抜けた穴は、どうやら辛島が埋めることになりそう。私の聞き間違いでなければ、tbcのアナウンサー情報ですw。二軍で結果を出しての昇格ということらしいので楽しみです。同じ左腕でいうと、弓削が2軍落ち、代わりに渡邊佑樹が上がってきました。昨日は4番手で登板しましたが、いつもながらの大人しい入りでしたね。ボール先行で、もうひとつピリッとしない内容なのも気になりました。どうにか無失点で終えましたが、5点のビハインドなのだから、もっと開き直って大胆に行っていいと思うのですが...。変則左腕というアピールポイントはいいので、あとはどんな場面でも自分のピッチングのできるタフなメンタルが欲しいです。それが備われば勝ちゲームでの出番も回ってくるはずです。