わしろぐ

ちな鷲じいさんのプロ野球観戦日誌です。身辺雑記もあるよ。

エースが抑えて、4番の一発が決めた10連勝でした。

重苦しい攻撃

  • Bs1−2E

なんとも重苦しいゲームでした。ピンチの後にチャンスあり、普通はピンチを凌いだあと(チャンスをものにできなかったあと)に得点(失点)シーンがあるものですが、昨日のゲームではなかなかそういう展開になりませんでした。がっぷり四つの状態でまったく動かない感じ。

相手先発の竹安は想像していた以上に良いピッチャーでしたね。こういうピッチャーが今季初登板、オリも結構選手層厚いです。が、中嶋監督は5回から継投に入りました。明日のゲームがないことを見越して、ピッチャーを総動員する覚悟だったのでしょう。竹安のあとから出てきた5人のピッチャーは皆、眼を見張るピッチングを見せていました。なので、わが自慢の攻撃陣も小深田の負傷と引き換えにもぎ取った3回の1点のみ、なかなかチャンスを生かせません。特に6回表の1アウト満塁のチャンスに得点できなかったのは痛かった。黒川が三振で、辰己がセンターフライでした。黒川と辰己が逆だったら....は結果論。2人のさらなる成長を期待したい、...とも思いましたが、7回表の1アウト2、3塁のチャンスで回ってきた3番浅村が空振り三振、島内も見逃し三振で、これは相手を褒めるしかないか...、と思ったわけです。もはやチャンスがだれに回ってきても得点にならない状態が続きました。

連勝ストッパーのピッチングは...

ただ、それは相手も同じ。向こうが先発を含む6人がかりで来るなら、こっちはエース則本が7回まで、8回は安楽、同点で迎えた9回はソンが立ちはだかりました。
昨日のブログにも書きました。則本が10連勝を止めるようなことがあれば、もうエースとは認めない、...みたいなことです。その則本ですが、7回101球3被安打1失点は数字だけを見ると、エースに相応しいピッチングでしたが、危ないシーンも随所にありました。が、味方がこれを援護します。攻撃では思うように援護できませんでしたが、守備で相当助けました。特に大地の援護は光り輝いていました。
5回裏に小深田から代わったばかりの山崎がエラーで先頭のバレラを出塁させると、則本は明らかに動揺、先制ホームランを打たれた頓宮に四球、たちまち0アウト1、2塁のピンチを作ります。次の紅林が送りバントを決めて1アウト2、3塁としますが、このあとの伏見のファースト強襲のゴロを大地がファイン処理、ホームでバレラをアウトにして、このピンチを切り抜けました。大地は初回の則本の立ち上がりでも中川の強襲ライナーをファインキャッチ、助けましたね。あれが抜けていれば初回失点の多い則本のこと、相手が初回に先制した確率はけっこう高かったと思います。「たられば」ですけど。
ま、それよりも、山崎のエラーに動揺を隠せなかったあたりに「則本らしい急所」が見えました。大地がホームで刺したランナーは山崎のエラーで出したランナー、ある意味、大地は山崎を助けたとも言えます。で、則本はそのあとの後藤を打ち取り、自分が四球で出したランナーは還さず、事無き終えたわけで、ま、それもこれも含めて実力ですから、今シーズンは則本がエースと呼ばれることに特に異議は唱えないことにします、いや、努力します...w。

4番の仕事

ということで、1−1で延長戦になりましたが、10回表に山崎、浅村と簡単にアウトになると、4番島内が値千金のホームランで勝ち越しました。あとは裏を松井が〆て、はい10連勝。エース則本が勝利投手とならなかったのは気の毒でしたが、連勝を止めなかっただけでも先発としてはグッジョブでしょう。で、4番が最後に一発で決めたわけで、エースが抑えて4番が打って達成した10連勝でした。そういう意味で「わしほー」です。

おまけ

昨日のスタメンマスクは太田でした。炭谷の地味なグッジョブについては昨日のブログに書きましたが、昨日の太田をそれと比べて見ていたわけです。しかし、太田もなかなかでした。正直、ちょっと見直しました。あのとき、バントを失敗していたら、ここで何を書いていたかわかりませんw。