わしlog

ちな鷲じいさんのプロ野球観戦日誌です。

【函館の桜】はGWでもギリギリOKでした。

桜の話題もGWの話題もとっくに終わってしまった感じで、投稿するタイミングを完全に逃してしまいましたw。このまま塩漬けにしちゃおうかとも思いましたが、ま、来年の参考にはなるかもしれないので、とりあえず投稿しておきますw。

新幹線で函館へ

4月29日、GWの初日は北海道新幹線で函館まで桜を観に行ってきました。新幹線だと仙台から3時間ちょっと。陸路で北海道へ3時間で行けちゃうわけですから、シンプルに凄いですw。函館には、直近だと一昨年の10月にも行ってます。ほんとに近くなりました。

函館駅、ホームから改札までの通路の壁

www.washilog.com

今回は五稜郭の桜を見るのが目的のメイン、おまけは宿泊ホテルの朝食でした。
そう、ホテルは「日本一の朝食」で有名な「ラビスタ函館ベイ」でした。正直、ここの予約が取れたので行くことにしたというのもありましたw。
最上階の大浴場も有名で、いやぁ、やっぱり良かった。露天風呂が想像以上に良かった。次の函館もきっとここに宿泊するでしょう。いや、ここに宿泊したいw。そのために函館にまた来たい、そんなホテルですね。

早朝に部屋の窓から。向かいに見えるのは函館山です。手前は赤レンガ倉庫...と

では順に写真と簡単な感想を載せておきます。

本当は、五稜郭タワーに登って五角形のお城に咲く桜を上から眺めるというのを体験したかったのですが、エレベーター前に蛇がとぐろを巻くように並ぶ行列を見て速攻で諦めました。城内を散策しながらのお花見に方針変更です。


桜は普通下から上に見るものですが、土手を歩きながら下にある桜を眺められるというのは、ここの地形ならではですね。


あと気づいたこと。葉桜というわけではないのに、葉っぱが結構大きいこと。花のピンクと葉っぱのグリーンのバランスが本州と少し違うかな、そんな印象を受けました。下のピンぼけ写真で葉っぱの雰囲気がわかるかな〜w。

飲食

ホテル近くの食堂でビール&活イカ


函館に来たらやっぱり活イカ。頭の部分はまだ動いています。

頭の部分は後で天ぷらに...。活イカの値段は時価、この日は一杯2,000円ちょっとでした。

あと旨いのが岩のりのおにぎり。これオススメ。前に来たときに入った居酒屋にもありました。定番のようです。


「日本一の朝食」と言った割にはやや地味な写真になっているでしょうかw。本当は陳列された豪華な食材や惣菜を紹介したかったし、もっと色々食べた他の料理なんかも撮りたかったのですが、せっかくのご馳走を目の前にして、食べる方に集中しないのはなんとももったい。すぐに方針を食べる方に切り替えました。なので、最初に揃えた海鮮丼とおかずだけの写真になってしまいましたw。あしからず…。食べ切れないと分かっていて、撮影目的のためにイクラドガ盛り丼を作るような世代でもないしね。それでも何度かデーブルと食材との間を往復して結構食べました。根が卑しいのはなかなか治りませんw。
食材自体ももちろんですが、料理の一品一品のクオリティが高すぎです。美味かったぁ。

周辺散歩











函館山に登ろうかというのも頭に浮かんだのですが、昼の新幹線に乗ることを考えると少し慌ただしい。バタバタ行程を消化するような旅行は年齢的にちょっと厳しいので…。ということで、ホテル周辺の散策に切り替えました。元町公園の周辺まで足を伸ばしてもたいした距離ではありませんし、お天気が良かったこともあって、気持ちのいい散策になりました。

おまけ

記事を読み返すと、本当はこうしたかった、あぁしたかったが目立っていますねw。なんかやりたかったことの半分もできていないような旅行にも見えますが、実は、この行き当たりばったりの自由さがいいなあと最近は思えるようになりました。相方がカミさんだからこそできる旅行ですね…。
1泊2日という短い日程でしたが、結構、のらりくらりとゆるゆるの行程でした。若い頃は、せっかくそこまで行くのだからと、あれもこれもと欲張った行程にしがちでしたが、この歳になると、さすがにそういうのからは卒業です。
撮った写真は他にもたくさんあります。せっかくなので、文章とは関係なく一部載せておきます。気が向いたら追記しますのでw。