わしろぐ

ちな鷲じいさんのプロ野球観戦日誌です。身辺雑記もあるよ。

田中将大にいろんな意味の1勝が付きました...

  • Bs1−2E
田中ゲーム

昨日も書いたとおり、田中が先発のときの「初・楽天打線」に注目したわけですが、なんですかねえ...、田中が投げるとたちまち重苦しい展開になってしまう...。見ているこっちの心持ちのせいでしょうか。緊迫した投手戦、...といってしまえばそれまでなんですが、ま、相手ピッチャーも田中相手だと負けじとナイスピッチングをするのは間違いのない事実ですw。

主軸と田中との相性

浅村と田中の相性が悪いというようなことを昨日書きましたが、どうも、島内もあまり良さそうじゃないです。3番、4番という主軸との相性の悪いピッチャーに「勝て」というのはなかなか酷な話かもしれません。

西川はどうだ

いや、新加入の西川がいました。7回表の攻撃、1アウト満塁の場面でバッター西川。これがファーストゴロでしたが、相手ファーストがファンブル...のような。いずれタイムリーエラーで勝ち越し点をあげました。西川は悪くないかもです。
で、次の大地がファースト強襲の当たり...でしたが、今度は同じファーストがファインプレーで2アウト。大地は良くないかもw。
そして、問題の浅村登場。2アウト満塁の絶好の場面でしたが、見事なまでの相性の悪さ、空振り三振でしたね。やはり浅村と田中の相性は今シーズンも最悪みたいです。というか、浅村は完全に自分のバッティングを見失っている感じでした。花粉症ならぬ田中アレルギーは相当重症です。

それでも田中は田中

一方の田中、浅村ほか、主軸が頼りにならないなら、あとは自分で抑えるだけ...、と言わんばかりに7回裏はギアを上げましたね、ピシャリと3人で切り抜けます。

主軸はともかく、下位打線はどうよ...

8回表の楽天の攻撃、0アウト1,3塁の場面で和田恋。和田も相当重症です。が、彼の場合は田中に限らず、開幕と同時にアレルギー発症みたいです。最初の2つの凡退は大きな外野フライでしたが、犠牲フライで良いこの場面で空振り三振でした...。もう立ち直れません(私が...)、最悪です。山崎、カズキと倒れて絶好のチャンスが無失点でした。これが田中ゲーム。

攻撃陣が頼りにならないなら投手陣が援護...

(相手にしてみれば)ピンチのあとにチャンス...。こうなると勢いは相手攻撃陣へ。8回裏の投手陣が大変でした。とりあえずブセが2アウトまでとるも、2アウトから福田、バレラと出塁を許します。3番吉田を迎える場面でブセから左の弓削へ。しかし「四球出すならサルでもできる」の四球で吉田を歩かせます。弓削もこういう場面ではまったく役に立ちません。4番杉本を迎えた場面で西口にスイッチしました。当然の継投ですが、安楽ではなく、西口でした。この人選は意外と重要かもしれません。西口は杉本をセカンドゴロに抑えました。ゴロと言うには失礼なくらいの強烈な当たりでした。浅村のファインプレーといってもいいです。が、やっぱり西口にアッパレです。そういう場面でしたw。セットアッパー西口、ありえます。
あとは9回裏を松井裕樹。重いところを前の回で凌いでいましたので、ま、当然の3人切り(締め)でした。

さいごに田中のこと

①今シーズン初登板、②自身の開幕戦、③(田中のヒロインによると)妻・里田まいさんの誕生日だったようで、また、④昨年の7月以来の勝利、⑤日米通算勝利数が石井監督と並ぶ182勝目、いろんな意味の1勝が田中に付きました。今シーズンの田中と楽天打線の相性はまだしっくりきていませんが、変わる兆しはあります、...ということにしておきますw。

追伸

ゴジラ安田に初ホームラン、田中の勝利に貢献しました。マルモも2安打、残り2打席が見逃し三振でしたから、ストライクゾーンに慣れてくれば率はまだ上がりそうです。