わしろぐ

ちな鷲じいさんのプロ野球観戦日誌です。身辺雑記もあるよ。

怪物ロウキを擁するロッテに勝てば、開幕ゲームの敗戦も帳消しになります.....か?w。

開幕ゲームは敗戦、第2戦は雨天中止

プロ野球が開幕したかと思ったら、別のイベントとかぶりライブ観戦できず。ま、敗戦だったのでそれは良しとして、楽しみにしていた第2戦は雨で中止、このカードで最も勝利が期待できる一戦でしたが、それも叶わず...。今日の第3戦はスライド登板になった岸と令和の怪物ロウキとの一戦になりました。せっかくのホーム開幕で1勝もできず、だけは避けたいところ。しかも、ロウキ相手のこの第3戦での勝利は、開幕勝利にも匹敵する1勝の価値がありそうです。石にかじりついてでも勝っておきたいゲームです。

昨日の第2戦は雨で中止となりましたので、今回は開幕ゲームでの両チームの攻撃陣について、テキスト速報の情報を基に感想などを書いておきます。

ロッテ打線

嫌らしさではうちの西川と並ぶリーグ最強のトップバッターと思っていた荻野が出ていませんでした。理由はよく分かりませんが、代わりの高部選手は代役を立派に果たしていたようですね。ロッテはここらへんの世代交代が順調のように見えます。2番のマーティンにまだ当たりは出ていませんが、その存在感はやはり侮れないし、3番中村の勝負強い嫌らしさは健在のようでした。4番のレアードはもうエンジン全開という感じで相変わらず恐いバッターだったし...。さすがに上位打線の2人の助っ人の存在感は際立っていますね。

楽天打線

うちの上位打線も西川が入ったことで戦力としてはそれなりにアップしたように見えます。で、そこの効果が発揮されるのはまさにこれからという感じですね。気になるのは(心配なのは)「今シーズンの浅村」です。やはり攻撃のキーはそこだと思います。西川がチャンスを作ったときに浅村が機能するか、島内が(浅村を)フォローするか、茂木が(浅村を)カバーするか、そんな感じで見ています。
あとは後ろに控える和田恋、安田あたりが、浅村と島内の作った(残した)チャンスを得点に変えられるか、または、彼ら自身がチャンスメイクできるか。助っ人が戦力となって合流するまでは、うしろのキーは和田恋と安田ですね。

さいごに

「辰己と助っ人の合流を残している楽天の力はこんなものではない」...と気持ちのどこかで保険を掛けつつw、それでも今日の怪物ロウキを擁するロッテから1勝をもぎとっておきたい。13時のプレーボールをワクワクしながら待ちますw。