わしろぐ

ちな鷲じいさんのプロ野球観戦日誌です。身辺雑記もあるよ。

「朝うどん」じゃなくて「朝そば」

久々に一人の週末だった。この記事は土曜日の午後にまったり書いたものだw。もう3日前のlogになる。鮮度は落ちる一方なので、このへんで吐き出しておくw。

土曜日は朝9時ころから動き出すことが多い。動き出すとはいわゆる週末のいろいろなの用を足すことをいう。最初の用事は1週間分のワイシャツを9時オープンのクリーニングに出すこと。朝イチで出せば仕上がりはその日の夕方になる。ただし、回収はだいたい日曜の午前中だ。なら日曜仕上がりでもいいじゃないか、と言われそうだが、夕方仕上がりが基準だから日曜仕上がりにすると日曜の夕方仕上がりということになり、日曜の午前中の回収はできない。日曜の夕方にクリーニングの回収にわざわざでかけるのも面倒なのである。

クリーニングを出したあとは駅前までぶらぶら散歩、適当なところでモーニングして帰る。駅前ならモーニングを食べさすカフェは選り取り見取りだが、この日は久々に「神田」の朝そばを食べた。神田には「朝そば」という蕎麦のメニューがある。半熟卵とホウレン草とネギが具にのっている蕎麦だ。朝に食べる蕎麦の効用については前に書いたことがあったので、時間のある方はそっちも読んでほしいw。
f:id:uesugi_rintaro:20190202101707j:plain
「そばの神田」はいわゆる立ち食い蕎麦のお店で仙台市内にはいくつか店舗があるが、仙台駅前の神田が、この時間帯の神田の中では一番の混雑店じゃないだろうか。カウンターだけの小さな店ではあるんだが、客はほぼギッシリ並びながら食べている。種類は違うが皆蕎麦を食べている。食券には一応「そば・うどん」の選択ができるようになっているけど、今まで神田で「うどん」を注文している人は見かけたことがないw。
香川に旅行したときは朝からみなうどんを食べているのに驚いたが、香川の人がこっちに来るとみな蕎麦を食べていて驚くのだろう。こっちの人だって「うどん」はよく食べる。でも、やっぱり昼だもんなぁ...。最近、ようやく朝ラー(メン)も浸透してきたけど、朝うどんは聞かないしなあ...。お腹には優しそうなんだけどね。

食後はそのままランチの材料か惣菜を買ってぶらぶら帰るところだが、この日は仙台駅3階の「杜の香り」でカミさんと合流、カミさんは東京へ用事があって新幹線に乗るまでの時間調整だ。この日2人で注文したブレンドは「定禅寺」。30分くらい時間をつぶしてカミさんと一緒に店を出た。改札でカミさんを見送った後は私だけ地下まで降りて、ポンパドウルでランチの菓子パンを買って帰宅。

今週末は一人だ。さぁ、何するかな...。前にも書いたが、予定のない休日は実に贅沢だ。しかも土日連休の初日はさらに贅沢な気分になるw。