わしログ

ちな鷲じいさんのプロ野球観戦日誌と身辺雑記

「ミスター安定感」もあそこで降板はないだろう....

...意地でも投げぬかなきゃ。。

E3−2H

はい、ホークス相手に3連勝。率直な感想として、ホークスも助っ人外国人がいないだけでだいぶ印象が変わってくるな...と。それでも3タテはできすぎだ。これで7連敗のあとの4連勝。アップダウンが激しいゲームを展開している。

運の強さだけは無敵状態

さて、昨日の第3戦も接戦だった。で、例によって1点リードの9回表は松井裕樹のパターンなんだが、1点差だとどうしてもすんなりいかないね、この人の場合は...。討ち取った当たりを自分(松井)が捕りに行ったグラブで弾いてしまい先頭を出塁させてしまった。ただ、松井裕樹の「運の強さ」がこれまた人並み外れていて、次のバッターのバントフライをキャッチャー太田が判断良くキャッチして1塁送球のゲッツーで事なき終えた。松井はつくづく強運のピッチャーだと感じた。これだけ運に味方されても3つめのアウトをすんなり取れないところがまた松井らしいところ。代打の川島を四球で歩かせてまた盛り上げてしまう。次の松田にはあわや逆転の2ランかという大きなセンターフライを打たれたが辰己がキャッチしてゲームセットだった。こんなことを繰り返していてはいずれは運にも見放されそうである。いい加減にしろ、と言いたいところだが、連日の1点差ゲームのクローザーも辛いよな。がまん、がまんと自分に言い聞かせたw。*1

「ミスター安定感」もあともう少し...

先発は前回不甲斐ないピッチングで連敗を止められなかった瀧中だ。中5日でのリベンジ登板を司令された格好だが、前もあったなこんな登板...。調整が難しいタイプなのかもしれない。
だいたい2度めは修正してきて「ミスター安定感」の面目躍如となるのだが、もう一皮むけて、「ミスター安定感」の地位を確固たるものにしてほしいね。
昨日は5回2/3 回とイニングの途中で「足をつった」とかでランナーを残して降板したが、リリーフした安楽が同点に追いつかれてあれよあれよという間に1勝を手放してしまった。石井監督のゲーム後のコメントもやや厳し目で、「ピッチングは良かったけど、あそこを投げ抜けないと勝ちはついてこない...」みたいな言われ方をしていた。
おそらく本人が続投の意志を示していれば石井監督はそのまま投げさせていたと思うが、きっとそうではなかったのだろう。それを「弱音(を吐いた)」と判断しての安楽へのスイッチだったと想像する。もう少しだね、瀧中...。

さあ、明日からの日ハム戦も締まっていこう!

打つ方では前日に続いてタイムリーを打った茂木キャプテンだな。あとはようやく6号の浅村と。ここらへんの主砲に当たりが出てきたのは嬉しい兆候である。
明日から日ハムとのホーム3連戦。いつぞやみたいに「病み上がり」だった日ハム相手に連敗みたいなことにはならないように気を引き締めたい。
www.washilog.com

*1:Gの中川選手が侍を辞退したことで松井裕樹の選出の芽がまた出てきたというニュースがあった。いやに力が入っていたと思ったらそのせいか...