わしログ

ちな鷲じいさんのプロ野球観戦日誌と身辺雑記

浅村のエラー

浅村の梅雨明け

どうやら浅村の梅雨は明けたようだ。昨日に続いての2ランで3回に先制、5回には犠牲フライで追加点とチームの全得点をあげる活躍だった。

則本のパターン

先発の則本も昨日は絶好調。先頭の西川を「空振り三振」にしての立ち上がり、「これはいける」とならない方がおかしい。相手トップバッターの西川と3番の近藤との最初の対戦がその日のボールの威力だったりキレのバロメーターになる。そういう意味でも最高のスタートを切った則本だった。太田からの返球を受けるとすぐにサイン交換に入る様はまるでちぎっては投げちぎっては投げのテンポ、どんだけ調子が良いんだかという感じで5回までノーヒットのナイスピッチングを見せた。
惜しかったのは6回。1アウトランナーなしから代打の杉谷を四球で歩かせ、次の西川に安打され1アウト1、2塁、次の渡辺を三振にして2アウト、で、3番近藤を迎えた場面。これを2塁ゴロに打ち取ったと思ったら浅村がまさかのエラー、チェンジのはずが2アウト満塁にしてワンを打席に迎えた。
問題はここから。名手浅村のまさかのエラーを帳消しにしてマウンドを降りて欲しかったが、則本はワンにタイムリーを打たれ3点差から1点差まで詰められた。打たれたのは1ボール2ストライクからの真ん中やや低めのストレートだった。これが勿体無かったし、則本のいつもの悪い面(カーッと頭に血が上る。気持ちが急いて事を仕損じるパターンw)が出たなと思った。浅村のエラーを失点にしたくない気持ちが強すぎた。解説者も指摘していたが、追い込んでいたのだから何も勝負を急ぐことはなかったのである。まだボール球を3つ使えたのに....。則本にはこの展開があるから石井監督の言う「できるだけ点差を残したまま」次につなげる部分の役割が安定しない。
こういう展開ではルーキーながら早川の方が上手ではないだろうか。運良く逆転される展開にはしなかったが、昨日の則本の調子からすればあそこは浅村のエラーを帳消しにできたはずなのだ。実に勿体無いイニングだったと思う。
あそこを無失点で切り抜けていたら7回もマウンドに立っていたはずだが、石井監督は7回から酒居にスパッとスイッチした。この切替の早さは昨シーズンの三木采配にはなかった。「投手」を理解した石井采配の特徴ともいえるがこれがうまく回っている。結果的に先発の則本に4勝目がついたのはよかった。

浅村のエラー

話は戻るけど、浅村のエラーは初めて見た。ホームランが出なかったのはたまたまだったが、浅村のエラーだけは絶対に出ない、...くらいの堅守を誇っていた。一昨日に続いてのホームランで気持ちよくグランドに立てていたはずなのに、人間の心理というのか身体というのか、この2つのバランスは本当に不思議で理屈どおりにならないのであるな。

その他の選手

あと思いつくままにいくつか。
昨日もスタメンだった横尾が古巣相手に当たっていた。何かを掴みかけている雰囲気がある。これで横尾にも一発が飛び出して古巣の元チームメイトの前で「おにぎり」を握ってくれたら最高なんだけど。
クローザーの松井裕樹、昨日は3番近藤から始まる嫌な打順が相手だったが、これを簡単に仕留めていた。制球が暴れなくなった。しかしキレもある。だいぶ進化している。
どうも地味なまま影に隠れてしまっているのが茂木である。打たなくてもだんだん腹が立たなくなってきていて逆に心配だ。どうでもいい存在になっていないか。それじゃだめじゃん...。