わしログ

ちな鷲じいさんのプロ野球観戦日誌と身辺雑記

浅村さまァァァァァ〜

E3−2F

やはり浅村が打てば勝つのである。8回裏の勝ち越しホームラン。あれでもちろんゲームは決まったのだが、5回裏の2アウト満塁の場面でのタイムリーがよかった。ヒットになって本当によかった。あれが1アウト満塁だったらきっとダブルプレーになっていただろう...(というのは意地が悪すぎるかな)w。とにかくここのところの浅村には悪いものが憑いていたから。あそこでタイムリーが打てて憑き物が落ちた、少なくとも昨日のゲームはそうだった。ある意味8回裏の一発の伏線となる当たりだったと思う。浅村のヒロインでのコメントはまさにファンの気持ちでもあった。「今年はもう打てないんじゃないかと不安だった。ようやく1本出たけど遅いぐらい」
www.washilog.com

先発の岸。恋女房の下妻がマスクをかぶったけれど立ち上がりのパリッとしないうちに日ハムの西川と近藤の2枚看板に上手くやられてしまった印象だ。しかも、西川と近藤の間に入った渡辺がまたいい仕事をしていた...。渡辺のバッティングはうちの各バッターのお手本である。特に最近バッティングにも可能性が見え初めた村林にはあそこらへんの仕事ぶりを見習ってほしいね...みたいなw。
ところで、6回表からマスクをかぶった太田とのバッテリーで三者三振のピッチングを見せた岸。下妻がヤキモチを焼きそうなナイスピッチングだった。太田の配球も良かったがそれよりも岸のボールが生き返ったかのようだった。次はまた太田とのコンビに戻りそうである。

それから、勝ち投手になったソン。8回表の相手は2番渡辺から始まる打順だったけど、あそこからの三者三振は見事だった。3番近藤、4番ワンのあたりはゾーンに入っていた並びだったし、中でも同じ台湾出身のワンにはソン自身相当強いライバル意識を持っていた。あそこを冷静に対応できたのは次につながる自信になっただろう。終わってみれば近藤、ワンを最終回の松井裕樹へ残さない展開になったのがラッキーだった。ソンに勝ち星はついたけど、8回表のマウンドはそれこそ楽天10万ポイントでも足りないくらいの価値があった。浅村に20万、ソンに15万くらいあげても良いw。

さぁ、今日は則本が先発。浅村の憑き物も落ちた。今日も一本出るようだと(浅村も)梅雨明けだろう。このまま勝ち越しといきたいね。