わしログ

ちな鷲じいさんのプロ野球観戦日誌と身辺雑記

浅村ァァァァァ〜

Bs4−2E

ゲームセットの瞬間、実況アナウンサーの第一声が「田中を攻略しての勝利!!」だった。
ま、たしかにマー君から3点とったのは事実だし間違いではないのだが、「攻略して」とまで言われるとちょっと悔しい。吉田の3ランによる3点だった。6回裏、1番福田、2番ムネの連打は一昨日に続いて「なんとかしてやろう」という気持ちがよく出ていた。マー君の制球にそれまでのイニングにはない微妙な甘さが出ていたのもあったが、それをしっかり仕留めていたあの1、2番コンビはすばらしい。そしてやっぱり3番の吉田正尚だ。このチャンスしかないという場面で最高の結果を残して見せた。初対戦のマー君からなのでその価値たるや「最高」でも足りないくらい。グレートな一発であった。

先制したのは楽天だった。3回1点、4回に1点。序盤で2点リードした。で、この2点でもなんとか行けそうかな、そう思わせるくらい昨日のマー君のピッチングはスキがなかった。
ただなあ。相手のミスなどがあって大量点となるチャンスにたった1点しか取れなかった拙攻にさすがの野球の神様も「このまま見過ごすわけにはいかない」と思ったのだろう。
4回表のチャンスとは、相手先発・田嶋のボークを発端にしてキャッチャー頓宮の悪送球、フィルダースチョイスとミスが続き0アウト1、3塁のチャンスになった場面だ。相手も相当動揺していたし、一気呵成に畳み掛けられたところだ。あそこで1塁ランナーの小深田が盗塁アウトになったのがケチの始まりだったかもしれない。
でもやっぱり3番の浅村だなあ。あそこで最低限の仕事ができなかったどころか、最悪のゲッツーに終わったもんなあ。
チャンスは8回表にもあった。1アウト満塁の場面でまたまた3番浅村。しかも相手ピッチャーは向こう寄りのアナウンサーに言わせれば「経験浅い」村西とかいうピッチャーだ。ところが4回のゲッツーに続いて、ここでもお約束どおりのゲッツーで相手を助けてしまった。

結論を言おう。
昨日の敗戦は明らかに「3番バッター」で負けた。打率ランキングの1位が吉田で浅村も3位につけてはいるが、そんな小さな差では収まらない。
繰り返しになるが、

(浅村)
  • 4回表:1アウト1、3塁の場面で予想どおりのゲッツー
  • 8回表:1アウト満塁の場面でまたまた予想どおりのゲッツー
  • しかも相手は格下ピッチャーの村西
(一方の吉田)
  • 6回裏:1アウト1、2塁の場面で期待どおりの逆転3ラン
  • しかもしかも相手は田中のマー君。

この違い(差)に尽きる。

浅村についてはこれ以上書くまい。書いても書いても出てくるのは悪口だけになってしまうから。これまでの功績に免じて今回はこのへんにしておく...。というか、早く本来の浅村を見せてほしい。

ところで昨日のマー君。今までで一番出来は良かった。ただ初回の立ち上がりは野手2人に助けられた。2番ムネのあわやセンター前という当たりを小深田が好守で、次の吉田正尚もセカンドを抜けようかというゴロを村林が飛びつきキャッチ、ファースでアウトにしたのだった。この2人のファインプレーがこの日のマー君をスムーズに立ち上がらせたのは間違いない。
2回以降は「思うところ」に「思うように」投げられていたように思う。田中ペースのピッチングの追い風となったのが初回の2人のファインプレーだったが、このあとの拙攻で結局は負け投手にしてしまったわけだ。この日のマー君、7回92球6安打3失点は石井監督が褒め称えた先日の則本(対西武7回121球3失点)と変わらない。要するに…

昨日のゲームは「3番バッターで負けてしまった」ということだ。まだ言ってる…w。

エースで負け、神の子で負け。
これは先日の札幌でのカードとまったく一緒だ。今回の神戸もこの「信じられない連敗」を止めるのは新・神の子、ゴールデンルーキーの早川になるのか...。それならそれでいい。

問題は3番浅村である。うわぁ、まだ言ってるよ...。