わしログ

ちな鷲じいさんのプロ野球観戦日誌、ときどき身辺雑記

今の浅村はそっくりさんっぽい。

昨日の観戦日誌。順番を入れ替えて整える時間がなかったのでそのまんま。

L3−6E

3点リードで迎えた5回裏。

則本は先頭をアウトにしたけど次の若林にホームランを打たれたところから変わった。あそこで何事もなかったように2つアウトをとれるようでないと涌井や岸のようにはいかないな...。
で、なかなか2アウトがとれない。内安打でランナーを出すと9番山野辺にもタイムリーを打たれたちまち1点差まで追い上げられた。

そして上位打線へ...。

則本は負けん気の強さが顔に出るタイプなだけに動揺しているときの表情がわかりやすい。調子が良いときほど険しい顔のままで、平気を装う様子が見えたらそれこそがまさに動揺しているときだ。
で、その動揺がプレーにも現れる。ピッチャー横を抜ける当たりに手を出してコースを変えて内安打にしてしまったり。ボール先行のカウントで苦しいピッチングになったり。徐々にノリワールドが球場を覆っていく。ピリピリした雰囲気は野手にも伝わるから野手のプレーも荒くなるよね。野球の神様がどっちに軍配を上げようか迷い始めた頃だ。が、ここは森を三振に切って同点にさせなかった。太田の好リードが光った。

則本には険しい顔のまま最後まで投げ抜いてほしいね。涼しい顔のピッチングは涌井とか岸に任せてさ....w。ただ6回の我慢のピッチングは良かったね。特に前の打席でホームランを打たれた若林を三振にうちとってのガッツポーズは気持ちよかった。「さすが」と言っておこう。

浅村のいいんだか悪いんだかよく分からない状態が続いている。

「ここぞ」という場面でたちまち浅村でなくなる。どどど....どうした浅村。「ここぞ」という場面での浅村が今は辰己に乗り移っているようだ。その辰己の7回表の貴重な2点タイムリー3ベース。これは大きかったね。

浅村と反対に横尾に「らしい」当たりが出始めた。

おにぎりを握ったシーンは見なかったがタイムリー2ベース。おなじ2ベースでも前日の岩見のとはものが違う。次の打席もヒットが出た。ここで代走・武藤が送られた。

今シーズンの則本が昨シーズンまでの彼と違っているかどうかは....

追加点をあげた裏のイニング、つまり7回裏のピッチングにかかっていた。とか思っているうちに簡単に2アウト。そして1番金子にまわったところで150キロ超え。ギアがあがった。金子もうまく打ったがサードゴロで3アウト....と。今シーズンの則本はちょっと違うかも。

8回表。

島内にホームランが出た。浅村はサードゴロ。茂木レフトフライ。茂木は珍しくノーヒット中。

8回裏のマウンドは則本からソンチャーホー。

酒居は強い打撲で戦線離脱中だ*1。ソンが先頭の源田をいきなり四球で歩かせた。ダメだよそれじゃ...。
向かっていくピッチング、石井監督が君に求めているのはそれだけ。何も三者三振なんか求めていない。いや、少しは求めているか...。で、森をレフトフライで1アウト。次が中村剛也。ほんと怖い打順だ。ただここを切り抜けないと次はないぞ、ソン...。中村 空振り三振。次の木村をサードゴロにうちとり3アウト。ソン生き残った...。

9回は牧田。

松井裕樹じゃなかった。ここらへんが石井監督っぽい。デッドボールとヒットでたちまち0アウト1、2塁。でも、牧田が自滅することはない。1点与えながらアウト3つとってゲームセット。

ヒロインは辰己だった。

7回2失点の則本ではなく2安打3打点の辰己がヒーロー。相変わらず力の抜けたコメントでどこまでが天然なのか不明。「何か悪いことをしたのか気合が入っていたので....」は則本のピッチングについて。則本もベンチ裏で苦笑いしていただろうw。

さいごに

マー君の10日登板がなくなった。慌てることはない...と石井監督。ロッテの佐々木ロウキと似た扱いになってきた。

*1:...と思ったら、ソンが先頭を出したところでブルペンでピッチングを始めていた。