わしログ

ちな鷲じいさんのプロ野球観戦日誌です。

どっちに転んでもおかしくないゲーム展開でしたが、主砲の一発、一打が明暗を分けた感じです...。


H4−3E

あぁ、悔しいかな。ホークスとの初戦を飾れず。
ま、両チームの先発が千賀と弓削でしたから、格から言えば順当な結果と言えないこともない。ただ、2軍で調整中だった千賀はこれが一軍での初登板、一方の弓削はすでに2勝しての第3戦目でした。そういう意味では勝ってもいいゲームでしたね。

両チームに1個ずつついたエラー。そのエラーが失点に結びついてしまったイーグルス(5回)と無失点で切り抜けたホークス(7回)の差だったかな。どっちに転んでもおかしくないゲーム展開でしたが、ホームゲームというところで、...と言っていいくらいの僅差でホークスに軍配があがりました。

両先発にとって、各チームの主砲の一発が効きましたね。で、その一発の効き目にも違いがあった。弓削が打たれた柳田の一発は2ランで、千賀が打たれた浅村の一発はソロでした。ここでの1点の差というのもあったように思います。
それから、上のエラーが失点に結びついた場面と結びつかなかった場面。ここでも両主砲の一打が絡んでいました。
イーグルスのエラーは5回、茂木の悪送球で打者の今宮は2塁まで到達、その後に柳田がタイムリーでした。一方のホークスのエラーは7回、ファースト川島の捕球エラーで2アウト満塁となります。ここで迎えたバッター浅村は惜しくも一邪飛に打ち取られました。

千賀が初回から160キロ台のスピードボールを投げてきたときは、オリックスの山本に完璧に抑えられたときのことを思い出してしまいましたが、千賀には波がありましたね。付け入るスキがありました。島内のタイムリーで2点先制します。
ところが、弓削がチームが先制したすぐ裏に同点にされました。これが痛かったですね。柳田の2ランでしたが、あそこは柳田を褒めるところでしょう、たぶん...。

ま、同点に追いつかれたあとの2アウト満塁のピンチを勝ち越されずに凌いだのは弓削の成長だと思います。6回4失点でマウンドを酒居に譲りましたが、弓削は立派にゲームを作ったという評価で良いでしょう。

で、ゲームは作りましたが、千賀の後の高橋礼、モイネロ、森の必勝リレーはちょっと付け入る隙がありませんでしたね。ホークスやっぱり強いです。


そして最後に。ホークスベンチにはいましたね、あの人が...。
そう平石コーチ。マスクをしていたので「モロ」ではありませんでしたが、あの男前の目の辺りで平石コーチだとすぐに分かりました。なんか工藤監督の横にそれらしく陣取っていましたが、どうもまだ見慣れませんなw。
森山投手コーチも楽天からの移籍組ですが、こっちはベンチに戻ってきた千賀と何やら話している光景が映っていました。もう完全に向こう側の人間です。

残念ながら、初戦は今シーズンの「楽天の野球」を十分にお見せするところまで行きませんした。辰己が仕掛けた盗塁も甲斐キャノンの前に粉砕されてしまいましたし...。

で、今日は涌井が先発です。とりあえず五分にしておきますか。そのあとも4ゲーム続きますから、平石コーチには新生イーグルスを生でたっぷり見てもらいましょう。いや、見せてやってくれよ、イーグルス。...ということで、選手以上に平石コーチを意識している楽天ファンの心の叫びでした。