わしログ

ちな鷲の爺さんが書いている雑記ブログです。

助っ人4人が残留...で思ったこと


助っ人4人が残留

外国人助っ人の契約が終わったようです。ブラッシュ外野手、ブセニッツ、宋家豪両投手は来シーズンの1年契約です。年俸はブラッシュが2000万円増の1億4000万円、ブセニッツが2000万円増の9000万円、宋家豪が3000万円増の4500万円。もう一人、ウィーラーは3年契約の最終年になります。

ハーマンは自由契約

ハーマンの自由契約についてはある程度予想していました。
www.washilog.com

ハーマンはコスパがあまり良いとは言えません。性能は悪くないのですが、肝心なところでバランスを崩す脆さ、不安定さがありました。球団が今シーズンの1億3000万円からいくらの増減で交渉を進めたかは分かりませんが、牧田との交渉も進んでいたことを考えるとハーマンにとってはかなり厳しめの査定だったのではないでしょうか。ハーマンも相当プライドの高い選手なので悪くて現状維持、マイナス査定なら契約はないなと思っていましたが、案の定、自由契約でしたね。
www.washilog.com
www.washilog.com

1年契約の意味は?

ブラッシュ、ブセニッツ、宋が共に1年契約なのは「対応力」が未知数だからでしょうか。他球団がいろいろ研究してくる来シーズンこそがいよいよ実力の見せ所という気がします。今シーズンが第一次試験だったとすれば、来シーズンは第二次試験。ここもパスしてようやく複数年契約のとれる一流助っ人の仲間入りということですね。

今のところは球団側が査定する側にいるので良いのですが、「対応力」もバッチリ、日本の野球にベストマッチして、これは本物の一流助っ人だったとなってから、複数年契約にしておけば良かった...という展開も考えられないこともない。

ある意味、来シーズンは球団の目利きが試されることにもなりそうですねw。

ブセニッツと宋

ところで、ブセニッツよりも宋の方がチームに貢献している印象がありましたが、多くの数値でブセニッツの方が宋を上回っていましたね。倍の年俸をもらえるほどの差(9,000万円と4,500万円)かどうかはよく分かりませんが...。

試合数 勝ち 負け セーブ ホールド 投球回 被安打 被本塁打 与四球 奪三振 防御率 whip
ブセニッツ 54 4 3 0 28 51.0 46 1 20 45 1.94 1.29
48 3 2 0 24 45.1 34 2 23 40 2.18 1.26

www.washilog.com

さいごにウィーラー

ウィーラーの最終年は大地が入団することでいよいよ厳しいシーズンになりそうです。ウィーラーのキャラはチームに定着し、今や球団の「財産」といっても良いくらいなのですが、戦力としての劣化がかなり気になってきました。

期待の大きい「大地のキャプテンシー」ですが、「ウィーラーの明るさ」もまた捨てがたい。この2人が戦力として共存できたらチームは強くなるんだろうなあ。大地はそこそこやるだろうから、あとはウィーラーだな。