わしログ

ちな鷲じいさんのプロ野球観戦日誌と身辺雑記

デストロイヤー

G9−4E

2年ぶりの交流戦。最初のカードはジャイアンツ戦だがセ・リーグ主催ゲームなので私の視聴環境ではライブ観戦できず。こういうときは例によってテキスト観戦だ。

で、先発の岸がまたもや打たれた。4回5失点での降板だった。打たれ方が良くない。何が良くないって、味方が逆転したすぐ裏にまた逆転されたことだ。しかも2アウトからウィーラーに3ラン....って、ゲーム前の「乗せちゃうといい雰囲気になるから」というウィーラーを警戒したコメントはいったい何だったのか。こういうのを「口先ばっかり」という。いや、警戒しても打たれたということはもはや戦力としてかなり厳しい状態だということだろう。
実際のピッチングは見ていないのであまり言いすぎると黄色い声援が黙ってないだろうが、ハッキリ言ってサブと岸はもはや過去の人である。牧田と同じ。もう一度作り直してから出直してこいということだ。
www.washilog.com

1点ビハインドで迎えた7回裏のマウンドにあがったブセニッツ。1アウト満塁の場面にしたとき、「押し出し」はとっくに覚悟していた。で、予想どおりの「押し出し」だったなあ。たまには「予想に反して」と嬉しい誤算があってもいいのだが、ブセ劇場での押し出しは「楽天あるある」の一つである。よもや連続(押し出し)で2点やるとは思わなかったけど...。そのあとのタイムリーも最悪だった。もう大炎上と言っていいね。ブセはかなり繊細なタイプ。メカニックというよりメンタル的に相当ダメージ食ってる印象だ。森原がクローザーになり損ねたときの状態に似てきた。
ウィーラーを打席に迎えたところで内間にスイッチしたが、チームから出したウィーラーが大活躍で残したブセが大炎上というなんとも皮肉な「助っ人光景」になってしまった。これも「楽天あるある」なんだろう。

岸が口火を切ってブセで大炎上。デストロイヤーが2人も登場してはゲームは作れない。なにも交流戦の最初のゲームをこんな酷いゲームにしなくてもなあ。パ・リーグの各チームは交流戦での取りこぼしが許されないのになあ。今シーズンも交流戦がなんだかなあ...。ボヤいてばかりもいられない。建て直して前にすすめ。