わしログ

わし(楽天イーグルス)ファンの雑記ブログです。

嶋からの卒業

hochi.news

嶋の退団も決まりましたね。「さみしい、悔しい、悲しい」という言葉には平石さんの退団のときと似た思いが感じられます。楽天の顔が一人去り、二人去り...。

嶋は「生涯楽天の選手」と思ってきましたから、この人の退団には「チームが本当に変わろうとしているんだ...」という実感と重みがあります。

退団の理由について、嶋は次のようなコメントを残しています。

「一番はこのチームがCS争いをしているなか、またCS出場を決めてから、福岡での試合の時に一緒に戦うことができなかった。ベンチにも入れなかったのでね。戦力としては見られていないと感じた。それが一番の理由です」

CSの段階で腰痛は治っていたみたいです。ただ、それでもベンチ入りさせてもらえなかった。そこがこたえたみたい。

守備要員でもいいし、代打(バント)の切り札でもいい、もっと言えば精神的支柱としての「お守り」としてでもよかった。とにかく呼んでもらいたかった...、そういうことでしょう。

しかし、最後までベンチ入りはありませんでした。平石監督の判断というより、石井GMの判断でしょう、これは。チームが変わるためにはいつまでも「嶋頼み」ではいけない。「親離れ」ならぬ「嶋離れ」しなくてはチームは変われないという判断。

嶋の存在は藤田や直人ともちょっと違うのだなあ。キャッチャーというポジションの関係があると思います。

自主トレで、嶋が自分のグループから銀次を離し「チーム銀次」を立ち上げるようアドバイスしたことがありました。銀次がそういう時期に来ているという嶋の判断です。今回の件はあのときの状況に似ています。ここは球団が嶋を切ったというより、チームを「嶋から卒業させた」と考えたいところです。

www.washilog.com