わしろぐ

ちな鷲じいさんの身辺雑記

4位転落、今のイーグルスの弱点2つ。

ソラよ、早く帰ってこい...

とうとう鈴木ソラも2軍落ち。惜しいね、実に惜しい...。あれだけのボールを投げられるのだから、普通にストライクゾーンで勝負するだけでいいのに。勝負して打たれたならまだ納得できる、勝負する前に自分から負けてしまう(崩れてしまう)。何故そっちを選択するかが分からない。当のソラが分からないかもしれない。2軍では技術的なチェックよりも、そこのところの気持ちの整理が先だろう。開き直れソラ!、...と喝を入れてやりたい。

石井監督の鈴木ソラ評

「調子がいいときはそれなりにバッターを抑えられるけど、調子が悪いときに長くなってしまう」


とても「調子が悪かった」ようには見えなかったけど、自分ではそんな感覚があって、自信を持って打者に立ち向かえていなかった、…そういうことだろうか。だとしたら、鈴木は自分を相当過小評価していると思う。あのボールのどこが不安(不満)なんだろう、十分打者と対峙できるレベルにあるのに、そこにまず気づく必要がある。
ま、オールスター明けにはそれほど間をおかずに戻す予定で落としたのだろう。他の選手も一軍を狙っている(石井監督が常々口にしていること。)、そういうバランスにも配慮したのだろう。

2軍で自信をつけて、と言いたいところだが、この手の生真面目タイプな選手は2軍でいい結果を出したからといって調子に乗るほど単純な思考構造にはなっていない。もっとシンプルでいいのだ。考えすぎるな。自分のいいところを出すことにまずは集中してほしい。

今のイーグルスの弱点2つ

ということで、昨日のライオンズ戦。

  • L9−4E

先発の則本が小深田の送球エラーがキッカケで初回から2失点スタートだった。その後も火のついたライオンズ打線の火力は収まらず、3回までに5失点と苦しい立ち上がりにしてしまった。

一時は1点差まで追い上げる展開も作ったが、あそこで一気に追いつき、追い越せなかったのが勝敗の別れ目だったね。惜しかった。

野球は流れのゲーム、行けるときに一気に行ってしまわないと。一度止まってしまった流れが再び来ることは、まずないと言っていい。流れ続ける勢い、力が昨日のイーグルスには残っていなかった。というか、ライオンズのリリーフ陣がいい仕事をしていた。

ここに来て、他チームとの間に差が出てきたなあと感じるのは2つ。

  • リリーフ陣の安定感
  • 助っ人外国人の活躍

リリーフ陣は、ブセニッツと酒居が戻ってきたことはプラス材料、ただ、安楽の劣化が予想以上なのが計算外だ。あとは、鈴木ソラがオールスター明け、どれだけ早くカムバックするか、そこがポイントになってくるかな。

助っ人外国人はなぁ…。毎年のことなんだが、うまく使えていないというか、そもそも使えるところまでいってないから。今のイーグルスの最大の弱点になっているし、他チームが外国人の活躍で得点したりすると、そこが一番の差(違い)のように思えてしまう。

それにしても4位転落かぁ…。