わしろぐ

ちな鷲ジジイの観戦日誌。身辺雑記もあるよ。

茂木とかカズキとか、石井さんのときに輝けなかった選手が再び輝きを取り戻そうとしているようだね。

 おいおい、カズキもいい当たりを飛ばしているんじゃないか。茂木といい、カズキといい。なんか今江監督になったら元気出てきたな。
 チャンスがもらえなかったから結果が出なかったのか、結果が出なかったからチャンスがもらえなかったのか。卵が先か、鶏が先かみたいな話になってしまうが、楽天の春季キャンプではここ3年くらい成績がパッとしなかった卵だか鶏だか分からない選手が今シーズンは何か復活しそうな雰囲気があって楽しみだ。
 ここ3年くらいとは、石井前監督の時代ということだw。卵か鶏か分からない選手は茂木栄五郎とか田中和基とかなんだけどね...w。この2人の選手に限らず、ファンの間では石井監督に干されていたと思われている選手はけっこういる。ま、石井監督はGMも兼務していたし、その前のGM専任のときにも自らスカウトしてきた選手がいたからどうしてもそっちを優先した起用になっていたというのはあるかも。石井GMはある種の「血の入れ替え」をして楽天強くしようとしていたところがあったから、それで割りを食った選手はいたかもしれない。それに一軍で控えに置いておくよりも二軍で実戦経験を積ませたいという育成方針が石井さんにはあったようにもみえた。当の茂木やカズキだって依怙贔屓されたとは思っていないだろう。



 しかし監督が今江さんに代わって、これをいいタイミングと捉えているというのはありそうだ。心機一転頑張ってやろうというのは伝わってくる。トレードなんかでチームが変わったら化けたというのはよくある話で、監督が代わったことで同じようなことが起きても不思議ではない。
 それに傍目から見ても今江監督は「自分(選手)を見てくれている」オーラをけっこう出している。コーチ時代もあったし、何より今江監督の人柄だと思う。石井さんはあのとおりのボーちゃんタイプだったから何を考えているか掴みどころのないところがあった。石井さんを決して悪く言うつもりはないが、わたしが選手でも石井監督よりは今江監督の下でプレーしたいかなw。いずれにしても、昔輝いていた選手たちがこのキャンプでは再びやる気と輝きを取り戻そうとしているのが見えていい感じのキャンプになっているのがいいね。
 オフには十分な補強ができなかったから楽天を最下位に予想する専門家や野球オタも多かったが、こうなったら、今江監督こそが最高の補強だったと最後に笑いたいものだ。で、この手の大口は今しか叩けないから、今のうちに思いっきり書いておくのだw。