わしろぐ

ちな鷲ジジイの観戦日誌。身辺雑記もあるよ。

セカンドのレギュラーは小深田でほぼ決まりだとは思うが、茂木が今年は元気そうだし、若い黒川にもチャンスあげたいし...。



3人によるセカンド争い

 浅村のサードコンバートでセカンド小深田の守備隊形はこれまでより格段に増えそうだ。というか、セカンドのレギュラーは小深田でほぼ決まりだと個人的には思っているのだが、あとは茂木がどのくらいスタメンの機会をつかむか、黒川がどのへんで割って入ってくるか。平良と山崎もいるけどこっちはサブのイメージだな...。

小深田≧茂木>黒川だな

 昨シーズンの小深田のポジション割合はセカンド68試合(54%)、サード38試合(30%)、外野20試合(16%)だったらしい。茂木がバッティングの調子を上げているようだから、茂木との入れ替えも想定しなくてはならないが、それでも小深田はポジションの7割くらいがセカンドになるんじゃないか。つまり昨年の外野分がそっくりセカンドにオンするイメージだな。茂木のスタメンが定着するようだと浅村をDHではなくサードに置いた場合は茂木の外野より小深田の外野という選択になるだろうから外野もちょっとは出てくるけど。で、それを狙ったわけではないだろうが、小深田はキャンプの第1クールに外野用グローブを持ち込んでいなかったらしいw。ゲッツーを想定しての特守にも取り組んだようだ。セカンドには連携プレーが多いから、ま、初挑戦となる茂木に比べると小深田に「一日の長」ありだ。
 ところで、小深田の機動力、茂木のパンチ力はイメージできるが、もうひとりの黒川の売りがパッと出てこない。強いてあげるなら「若さ」くらいのものだろうか。身体が強く、熱きファイターであるのも知っている。ま、それらも野球選手にとってのポイントではあるが、もっと直接的な戦力ポイントがほしい。オリックスの中嶋監督が紅林を見出したように、今江監督なら黒川のセールスポイントを見つけてくれるかもしれない。昨年の村林に続いて黒川を覚醒させてほしいね。そして、わたしの個人的な今シーズンの目標のひとつに「黒川のセールスポイントを見つける」を入れてみようかしらんw。ま、黒川が一軍のゲームで出てこないことにはチェックもできないのだけれど..。

リラックスした浅村を見れてよかった。

 昨夕のNHKローカル番組に浅村がゲスト出演していた。キャンプでの調整が順調なのだろう、浅村の表情と雰囲気は非常に穏やかで良い感じに見えた。質問のやり取りもスムーズで、アナウンサーとの相性が良かったのかもしれないw。今シーズンの目標に2000安打達成をあげていた。あと155本らしい。けっこう高い壁に見えるが、もしこれが達成したらチームは相当いい位置につけているはずだw。