わしろぐ

ちな鷲ジジイの観戦日誌。身辺雑記もあるよ。

早すぎる2024シーズンの順位予想、どの予想も「楽天の最下位」だけはほぼ一致ってどうよ...。

 こんなに早い時期の順位予想もどうかと思うが、ネット上では結構出回っているから驚く。まるで早い者勝ちとでもいわんばかりだ。補強だってまだ終わっていないし、キャンプも始まっていない段階での順位予想だから、相当いい加減な予想だとは思うが、いい加減な予想でもそれぞれがみなバラバラの予想だからこそ面白いのである。
 それがどうだ...。なぜか「楽天の最下位」だけは一致しているのだから楽天ファンとしては笑うに笑えない。面白くもなんともない。プロ野球のOB、プロ野球オタクたちのユーチューブをいくつか拝見したが、あーだこーだともっともらしい解説付きで「楽天の最下位」を予想しているのである。


 楽天を最下位にあげている理由をざっくり並べてみると次のとおり。*1

  • 絶対的守護神・松井裕樹が抜けた。
  • 先発から則本が抜けた。
  • 則本のクローザーとしての適性は不確定。
  • 田中と岸はもう若くない。特に田中はもはや「神の子」でもなんでもないことが分かってしまった。
  • 安楽問題の後遺症。安楽が抜けた穴、チーム内のごたごた。
  • 監督1年目のシーズンはだいたい低迷がお決まり。
  • 直前のドラフトが優勝を狙う指名になっていない。

 楽天の年末の補強が加味されていないと思われる予想もあったが、上にあげたようなウィークポイントがあるのは事実であり、不安要素であることには違いない。

 しかし、「だからなんだ...」と開き直りたい。

 作家の村上春樹さんが熱烈なヤクルトファンであるのは有名だが、こんな話を聞いたことがある。これまた熱狂的なあるヤクルトファンの女性が「ヤクルトが弱すぎて応援するモチベーションが保てません...」と村上さんに相談の投書を出したところ、村上さんは「ヤクルトは弱いのが当たり前。強いチームが好きならさっさとジャイアンツファンになりなさい。オレンジのタオルを振っていなさい。」などと回答したというのである。

 わたしもこの村上さんの境地にそろそろ達しなければと思う今日このごろであるw。

*1:わたしの勝手な解釈も含むw