わしろぐ

ちな鷲ジジイの観戦日誌。身辺雑記もあるよ。

西武の山川が楽天に来るとなったらどうしただろう(妄想)

 ストーブリーグの話題は今や大谷翔平ドジャース移籍で持ち切りである。日本のプロ野球はというと、他球団にあっては新しく獲得した新・外国人選手の話題などがちらほら。しかし残念ながら楽天にはそういう補強の話題はまったくない。ほんとに見事なくらいなんにもない。一部に補強費が出せない貧乏球団などと揶揄する記事を見かけたが、大きなお世話だ。ただ、「三木谷よ、このまま好き放題言わせてていいのか」...とだけは言っておく。
 で、楽天の最近の話題といえば安楽のパワハラ問題を受け再発防止策を決めたことくらい。球団社長が「コミュニケーションをしっかりとり、意見を言い合える環境づくりに努めてまいります。」とコメントを出しているかと思えば、一方では前監督の石井さんがテレビの情報番組で大谷翔平ドジャース移籍関連のコメントを出していたり(けっこうあちこちの情報番組に出ていてビックリ。ほんと懲りないね、石井さん...w)。
 そういえば、松井裕樹カージナルス接触したという話題もあった。楽天の補強とは直接関連ないけどパワハラ問題や石井のどうでもいいドジャース情報なんかよりはよっぽどマシである。がんばれ松井。

 楽天の話題がないので他球団関連のニュースやブログを読む機会がいつもより多くなっているが、楽天ストーブリーグだけが淋しく厳しいかと思いきや、西武の山川問題なんかもけっこう重いなあとか思ったり。
 山川のケースと安楽のケースでは問題の性格がそもそも違うし、戦力としてのスケールも違うので単純には比較できないが、山川に再出発の道があるとすれば、それはやっぱり西武の選手としてだろうなあという感想は持った。山川にはそれだけの西武に対する借りがあるはずだもの...。と、ここまで考えて、この思考の方向性が、西武が山川の力になる...から、山川が西武の力になる...となっているところに違和感。
 で、仮に山川がソフトバンクではなく楽天に来るということになっていたらどうだろうと考えると、うぅ〜、正直、中田翔のときのように「いらんいらん」と即答できるかどうかは自信がないw。中田のときよりはちょっとは考える(迷う)かも。さすがに戦力としては魅力的だから。で、来たらしょうがないよね、そのときは応援する...と結局はなるかなw。半分冗談半分本気。
 昨日のブログにも書いたが、ソフトバンクにギータ、近藤、山川と3人揃うと、これはもう侍ジャパン級のクリーンナップ誕生である。パ・リーグの他球団にとっては脅威以外のナニモノでもない。ただね、ソフトバンクのファンが羨ましいかと言われればそこまでの気持ちはない。これは不思議だ。負け惜しみでもなんでもない。逆にソフバンにだけは負けたくない、そういう気持ちが強い。ソフバンに勝ったときの喜びが倍増しそうである。

 2025シーズン、もし安楽に再出発の道があるとしたら、そのときは楽天で...とはたして思うだろうか。安楽の戦力としての評価とチームへの、特に若い投手陣への影響とを考えたとき、正直、ファンとしては大いに迷うところだ。