わしろぐ

ちな鷲ジジイの観戦日誌。身辺雑記もあるよ。

武者修行



パワハラ問題

 昨日は安楽のパワハラ問題で、ネット上の話題を楽天が久々に独占した感じがあった。同じ楽天グループがオーナーを務めるJ1のヴィッセル神戸が優勝を決めた日でもあったので、そっちの話題で盛り上がるはずが、とんだ水を差す事件が起きてしまったものだ。三木谷オーナーはさぞ怒りまくっていることだろう。これはもう、調査内容の如何にかかわらず安楽の解雇は避けられないな。

 球団は調査に乗り出したようだが、安楽以外にパワハラ選手の名前が出て来ないことを祈るのみだ。ちなみに今のところは出ていない。

 他球団が補強を着々と進めているところ、楽天は着実に戦力ダウン、イメージダウンを進めている。悪い膿は出すに越したことはないが、なにも今江監督になってからでなくても良かった。石井さんのときに出し切って綺麗なチームにして引継ぎたかった。

補強

 補強のニュース、オリックスソフトバンクの名前はコンスタントにあがってくるからさすがだと思う。どっちも地力のあるチームだが、オリックスは来シーズンに山本や山崎といった主力投手が抜けそうなのと、ソフトバンクは今シーズンの大型補強が期待したほど結果に現れてこなかったことへの反省なども根っこにありそうだ。

 パ・リーグの2強ともいえるチームが補強に奔走しているにもかかわらず、我が楽天はというと、今のところ、日ハムを戦力外となった山田との育成契約があっただけ。ほかにこれといった補強の話題もなく、現存戦力を鍛え直す方針のようだ。ま、「鍛え直す」といえば聞こえは良いが、ファンとしてはやや物足りない感じがないこともない。せめて大砲候補とクローザーを任せられるくらいの助っ人外国人の獲得ニュースくらいは聞きたいところだ。

武者修行

 鍛え直すといえば、早川がオーストラリアのウィンターリーグへ派遣されるようだ。早川は先日のアジアチャンピオンシップの際にオーストラリア代表を相手に5回パーフェクトのピッチングを演じてみせた。今さら、オーストラリアのリーグで武者修行というのも果たしてどれだけの効果があるだろう、などと思わないこともない。それに、ウィンターリーグへの派遣は入団2年めとかのもっと若い選手に与えるものだと思っていた。もしかして、今回の安楽問題と無関係じゃないのか...などと勘ぐってみたり。

 しかし、環境を変えることで得られるものはたしかにある。早川には技術もセンスもある。唯一足りないのは強さ、逞しさ。いわゆるパワーだろう。その切り口からすれば、今回の武者修行、技術的な面での得るものは限られるかもしれないが、面白い変化が見られるかも。そこに期待したいね。