わしろぐ

60代ジジイのプロ野球観戦レビューと身辺雑記です。/ in Sendai

イーグルスの3位よりも、仙台育英の連覇の方が確率高そうだな...。

仙台育英ベスト4

16時から甲子園の仙台育英花巻東戦を観戦。同じ東北勢ですが、この組み合わせだと、やはり宮城代表・仙台育英を応援するでしょ。
ま、勝ったから言うわけではありませんが、仙台育英はやはり強かったですね。たまたまではなくて、地に足のついた地力の違いを感じました。これでベスト4。連覇も夢じゃありませんね。少なくともイーグルスのCS進出よりは確率が高いような気がしていますw。

イーグルスは...

E7−5M

勝てるピッチャーと勝てないピッチャー

まさかの逆転勝ちでした。勝ち投手は8回をリリーフした渡辺翔太でしたけどね。先発の荘司はまだ1勝ですが、渡辺翔太はこれで5勝め。どっちがドラ1か、などと言うつもりはありませんが、勝てる投手と勝てない投手の差がハッキリ見えていて面白いですね。

相変わらずの荘司くん

急にボールが抜け始めて四球連発、下位打線でピンチを作る...みたいな展開が多い荘司くんですが、昨日はいきなり立ち上がりから、それが出てしまいましたね。登板間隔が空いたせいもあったか、まるで初めての甲子園のマウンドみたいな立ち上がりになっていました。

初回に先頭・荻野に死球でいきなり苦しいお膳立てをすると、2番藤岡もしっかり四球で歩かせ、好打者中村には内安打で0アウト満塁にすると、ポランコにきっちり2点タイムリー2ベース...。おいおい....。
ここから2三振で2アウトまで行くんだけど、アウト1つを欲しがったか、初球の入りがね…。次の山口に初球をあっさり2点タイムリーにされ、いきなりの4失点スタートでした。

直前に仙台育英の湯田くんを見ていましたので、おいおい、湯田の方がぜんぜんプロっぽいじゃないか....みたいな感想を持ってしまいました。
秋のドラフトは楽しみですね。

その荘司も2回以降は立ち直ります。普通に立ち上がっていれば6回1失点のゲームメイクでしたが、結局初回の4失点が響いて6回5失点というマウンドでした。ま、相変わらず勝てるピッチャーじゃないなあという印象です。
渡辺などを見ていると、経験値が上がっているのがよくわかります。荘司もリリーフで登板回数を増やしてやれば、もうすこし、勝てるピッチングのできる制球力が身につくような気もしますが、そこは球団としての育成方針なんでしょう。
修正項目はハッキリしていますが、克服できている感じはありませんから、次も投げてみないと分からない、そんなマウンドになりそうです。

プロの勝負強さ

攻撃はしぶとかった。初回の4失点にもめげず、序盤で1点差まで詰め寄ると、中盤で1点追加されるも粘り強く追いすがり、終盤の7回に1点差までもどすと、8回裏でしたね。2アウト3塁の場面で出てきた代打・島内が貴重な貴重な同点タイムリーでようやく追いつきました。
島内の1打でゲームは一変。次の小深田が追加点となるタイムリー3ベース。次の辰己が松井裕樹に勇気を与える2点差となる追加点タイムリー、いっきょ3得点の逆転劇でした。
すがに島内、プロの勝負強さを見たなと。ここで甲子園の花巻東の最終回の追い上げシーンを思い出していました。最後のバッターとなった佐々木麟太郎くんですね。点差はもっとありましたが、やはり2アウト1、2塁というところでの打席でした。あそこで一発出るようなら、すごかった。島内、さすがです。

今日はノリ

ソフトバンクも勝ったのでゲーム差はそのまま。どうしたんでしょ、西武。

で、今日の先発は則本。今のノリならゲームメイクは大丈夫でしょう。あとは小島をどう攻略するか。そこにかかっていますね。昨日の攻撃がいい感じに終えましたので、雰囲気はかなりいい。来週末のソフトバンクとの直接対決までに、3ゲーム差には戻しておきたいですね。がんばれ、西武!。