わしろぐ

60代ジジイのプロ野球観戦レビューと身辺雑記です。/ in Sendai

荘司の勝ち運の無さは半端ないです...。



E2−3F

昨日は呑み会があって観戦できず。

帰宅後、スコアチェックだけして撃沈。

今朝、改めてスコアと失点シーン、得点シーンを確認、思ったことを残しておきます。

荘司は8回2失点

先発の荘司は8回102球2安打2四死球奪三振2失点という内容でしたが、勝てません。しかも2失点はリクエストされるほどのきわどい死球のあとの2ランというもらい事故のような失点でした。

で、8回裏に鈴木大地の2ランで追いつきますが、松井不在の9回表に送られた鈴木ソラが連打で降板、スイッチした安楽がタイムリーを打たれて勝ち越されるという残念な結果でしたね。

「今日のクローザー」は鈴木ソラ

8回まで2安打できて、9回だけで3連打ですから、荘司をそのまま投げさせていれば...という「たられば」が頭を過るのですが、今回の裏目起用は結果論でしょうね。しょうがなかったと思います。

鈴木ソラは先頭を討ち取っていい感じに立ち上がっていただけに、松本のしぶとさに脱帽するしかありません。それでも四球による自滅パターンではなかったようなので、この経験は次に生きていくと思います。ソラ、顔を上げていいぞ。

ついでに書いておくと、ソラの投じたボールは全部ストレートでしたね。さすがに正直すぎた。あと落ちるボールの習得も必須かな。

それにしても...

荘司の勝運の無さが半端ないです。藤井(の勝ち運)と足して2で割りたいくらいです。