わしろぐ

60代ジジイのプロ野球観戦レビューと身辺雑記です。/ in Sendai

めちゃくちゃ嬉しいです。(村林一輝の最初のヒロインより)

初のお立ち台

「どうせ...」というと失礼かもしれません。ヒロインは(どうせ)岸だろうとゲームセットと同時にTVはオフにし、ブログを書き初めたのでしたが、岸のほかに村林と小深田も立ったらしい。お立ち台は3人でした。

で、村林はこれがプロ8年目にして初のお立ち台と知り、これはチェックせねばと楽天TVを再生したわけですw。

良かったです。実感がこもってました。こちらまでジーンと来ました。
この先もヒロインの場面はどんどん増えていくことでしょう。しかし、記念すべき最初のヒロインということで残しておきますw。

そういえば...

ヒロインで選手がよく使っていた「(選手は)まだ諦めていません...」というコメントですが、最近は口にする選手がいなくなりました。

ま、みんななんとなくだけど「もう無理...」と分かっているのでしょう。あまり白々しいことも言えないぞ、そういうことだと思います。

しかし、「優勝しまーす。」とか「まだ諦めてません...。」とかの決めゼリフはやっぱりあった方がいいですよね。選手のモチベーション的にどうしても盛り上がりに欠けますし、選手自身、目標がなくなっている状態はちょっと辛いと思います。

何か気の利いたセリフ(コメント)はないものでしょうか。

選手のモチベーションをあげてやることも監督の重要な仕事だと思います。これまで多くの大物選手を口説き落としてきた石井監督の、今度は自分のチームの選手に対する「心に響くセリフ」に期待したいですw。そしてイーグルス担当の記者は、その話題をぜひ取り上げてほしいものですw。