わしろぐ

ちな鷲じいさんの身辺雑記

4番の一発で勝ったゲーム

  • DB5−6E
総括から

その4番は島内ではなくて、浅村でしたけどね。島内は前日のファインプレーでフェンスに体当たり、大事をとってのベンチスタートでした。というわけで、格好としては、「エースがゲームを作り、4番の一発で勝ったゲーム」、連敗は止まりました。流れとしては悪くないですね。気持ちを切り替えてホーム6連戦に入っていけそうです。

情けないのは...

昨日は6回までBSでテレビ観戦、ここまでは3−4で1点リードしていました。そのあとの7回、西口が2失点で逆転され、9回表に浜の守護神・山崎が出てきて....、ああ、やっぱりこうなるかあ...と思ったところでの浅村の2ランでした。いゃ、この劇的な終盤の展開を、よりによってテキスト速報でチェックする羽目になろうとは…。情けないです。でも、勝ったから良しとしますw。

シーソーゲーム

それにしても、先制され(初回)、逆転し(2回表)、同点にされ(3回裏)、勝ち越され(5回裏)、再逆転(6回表)したかと思ったら、再び逆転(7回裏)され、最後に一発再逆転(9回表)、クローザーが抑えて(9回裏)勝ちましたww。
なんとも「忙しいゲーム」でしたね。
で、一番いいところをライブで見れなかった「悔しいゲーム」でもありました。が、最後の最後に「最高のゲーム」なったわけで、再浮上するキッカケのゲームになりそうな、そんな予感です。

勝因

勝因は、いつもは相手チームの専売特許であった一発攻勢が、昨日はうちの専売特許(2回にマルモの2ラン、9回に浅村の2ラン)になったことでしょうか。ちなみに6回の2得点は主審判定のゴタゴタなどもあって拾ったような得点でしたが、この得点にはソフバンから移籍してきた川島が代打で絡みました。代打の神さま・銀次もスタメンだったこの日はただの人、そんなときは、右の代打の神さま(川島)が表れますw。運も味方した感じですが、そういう運気も持ってホームに帰ってきます。

おまけ

ソフバンが負けてゲーム差は0.5になりました。